MEDTEC Online

新時代の神経刺激療法

新時代の神経刺激療法 Rahul Sathe Sathe企業は商品開発戦略とビジネスモデルの見直しにより、神経刺激療法の分野において優位に立てる。 破壊的革新は医療機器産業の歴史を定義付けてきた。新しいデバイスと手順は、何十年にも渡り様々な医療市場で確立されていた医療行為を取って代わっている。 例えば、1930 年代に初の人工膝関節と股関節が開発され、1958 年には初の埋め込み型ペースメーカー、そして1980 年に初の植え込み型除細動器が開発された。 それぞれの革新が治療成果の向上と患者のリスク低下を新たなレベルへと導き、当時の医療水準を高めた。それぞれの主要な市場と臨床的成果を定義付けている特徴は、十分な処置を受けられない患者と市場のニーズを満たすことに焦点を置いた、革新的な製品設計である。

多数個取り金型ホットランナにおける発展

多数個取りホットランナシステムの特定分野における技術開発は、品質管理および再現性の向上と、成形サイクルの短縮につながっています。ここでは、多数個取り金型の金型内クローズドループ充填制御、およびサーボ作動バルブゲート、同期化されたバルブステムなどの発展について論じます。 P. Glendenning Micro Systems (UK) Ltd, Warrington, UK 多数個取り金型 多数個取り金型という16、32 またはそれ以上の成形品を備えた金型は、成型医療部品の大量生産の伝統的な方法です。これら金型の充填は、ホットランナシステムと、往々にして空圧で作動するバルブゲートにより行われます。事前に設定されたゲートを閉じる正確な時間まで金型ゲートを溶融状態に保つことができるため、バルブゲートは他のタイプのホットランナチップより高い精度を実現できます。にもかかわらず、多数個取り工具で成型されるすべての部品の精度を制御することは困難であり、工程管理向上のため、様々なシステムが開発されています。

医療用合金粉末

股関節・膝関節インプラントなどの医療機器製造にガスアトマイズ合金粉末の使用がコスト面で有利 K. Murray, M. Kearns, N. Mottu Sandvik Ltd, Holbrook, Sheffield, UK 粉末冶金は、高品質、高価値の医療機器を製造する際、数々の利点をもたらします。粉末冶金は、均質特性を備えた精密微細構造の創製を実現し、NNS(ニアネットシェイプ)製造を可能にするため、材料の利用度を高めることができます。NNS 製造は廃棄物を減らし、機械作動コストを削減できるため、原料費の価格変動が続いている現今、ますます重要度を増しています。本記事では、既存・新興の各種プロセスにより医療機器が製造される際に使用されるガスアトマイズ (GA) 合金粉末の発展について論じます。金属射出成形 (MIM) および整形外科インプラントのラピッドマニュファクチャリングで使用されるコバルト合金粉末、および医療機器や歯列矯正用ブラケットに使われるステンレス粉末の MIM などの例にも言及します。

MEDTEC Japan プレビュー

MEDTEC主催者、Canon Communications Japan合同会社のイベントマネージャー、石原隼人氏へのインタビュー MEDTEC Japanというのはどういう展示会なのでしょうか? MEDTECは医療機器の製造技術に特化した展示会です。医療機器を製造するにあたり、必要な製品・サービスを出展者に展示していただき、医療機器製造業者に来場していただき、新技術やサプライヤーを見つけていただくという趣旨の国際展示会です。 1983年にアメリカでMD&M(Medical Design & Manufacturing)という名前で開催したのが始まりとなり、アメリカ以外ではMEDTECという名前で開催しております。現在アメリカで毎年4か所、アメリカ以外では6カ国で開催しています。

共押出マイクロ チュービングの利点

共押出チュービング製品は、複数の材料の組み合わせを通して追加機能を提供し、二次アッセンブリ加工を促進します。この記事は、共押出マイクロ チュービングが問題を解決し、重要な利点を得ることができる 4 つのアプリケーション: 輸液療法、局所麻酔、微小透析、非経口的栄養補給について説明します。 R. Ziembinski RAUMEDIC AG(ドイツ 、 ヘルムブレヒツ) 押出成形プロセスの進歩 共押出成形技術の主要な目的は、営利的目的を除き、チュービング製品の機能性を高めることにあります。結果として得られる設計可能性の向上、複数のポリマー材料の組み合わせおよびそれによる追加機能の統合、そして二次加工およびアセンブリ プロセスの減少などの利点が、この技術を興味深いものにしています。共押出成形とは、複数(3~4)層の材料を同時に押出し、多層チューブを製造する技術と定義することができます。下述するマイクロ押出成形は、直径 1 mm 未満のマイクロ チューブの押出成形です。本記事では、両押出成形プロセスをどのように組み合わせれば良い効果を得るかについて説明します。

整形外科インプラントの設計におけるシミュレーション法の利用

筋骨格系内におけるインプラントの機能的性能をより理解するために使用される、新たな仮想テスト法 L. Rickey MSC Software、米国カリフォルニア州サンタ アナ 整形外科は、特に生体力学性能シミュレーションの領域において、大きな革新的可能性を有する医療機器分野の一つです。インプラントのコスト上昇、高価で難しい物理的試験、健康な動作を理解するための挑戦に伴い、整形外科市場は競争上の優位性を獲得するための新たな方法を模索し続けています。 これまでインプラント企業は、股関節、肩関節、膝関節置換、そして脊椎インプラントの信頼性と規制認可をテストするために、物理的なプロトタイプの生産に頼って来ました。しかしながら整形外科向けの機器メーカーは、有限要素解析 (FEA) と筋骨格系の全身シミュレーションを行うための生体力学シミュレーション技術に対しより投資をするようになっています。身体のターゲット部位には、腰椎融合、人工股関節全置換、膝関節全置換、頚部シミュレーションなどが含まれます。

ページ