MEDTEC Online

再構成型コンベヤー利用で薬瓶を大量に提供

DynaConCapitol Vial社は、再構成型モジュラー・コンベヤーを利用し、医薬・医療機器・臨床診断・薬品検査・水質調査・食品業界向けに多種多様な押し上げ式プラスチック薬瓶を大量に提供している。

医療用創傷被覆材に埋め込まれたナノカプセルが細菌の存在時だけに抗生物質を放出

105204_Nanocapsules_fig1英国の科学者らが、欧州本土およびオーストラリアのチームと協力し、病気を引き起こす病原菌が検出された際にナノカプセルから抗生物質を放出する高度な創傷被覆材を作る取り組みを進めている。感染が起きる前に、抗生物質で治療効果を狙う。本被覆材は、抗生物質が放出されると変色し、傷に感染があればその旨、医療従事者に警告する。火傷の患者、特に子供の治療において、感染が致命的な状態を引き起こす毒素性ショック症候群につながる可能性がある場合、重要なステップである。

光学三次元検査のメリット

粗さ、微細形状、透明皮膜の厚さなどの表面特性は、治療上および経済的成功を医療機器にもたらす要因となる。光学三次元測定システムは柔軟に適用でき、迅速に重要な高分解能測定データを提供できるため、この領域で重要性を増している。ここでは、インプラント、ステント、マイクロ流体素子などへの応用について説明する。 By: N.

整形外科における生物医学的織物:原点に回帰

専門性の高い繊維工学技術を組み合わせた埋め込み型繊維が、整形外科的応用に特別に適合した生物医学的構造の作製を実現する。 J. Gray and T. Blair, Biomedical Structures LLC, Warwick, Rhode Island, USA 医療機器メーカーによる生体材料を取り入れた新プロジェクトが増加しているが、多くがこの生物医学構造工学に用いられる材料とプロセスに関して未だ混乱していたり、慣れていない状態にある。最近のメタル・オン・メタル股関節インプラントに関する潜在的影響への懸念と、繊維から作られたより天然の構造体の長期間にわたる発展で、OEMはこれまで以上により多くの新製品の中に繊維を取り入れる可能性を模索するようになっている。今こそ繊維が提供する可能性のすべてを探究するときである。特に整形外科は、骨格系の重要なピースとその関連コンポーネントの修復、置換、再生において、繊維のアプローチを歓迎している。

CNT合成PEEK製品の開発強化

SolvaySolvay Advanced Polymers社は、Entegris社のTEGO Polymers部門と提携し、医療用途向けにカーボンナノチューブ(CNT)を強化したPEEK製品の開発・販売に力をいれる。

ページ