医療用ソフトウェアの設計に関する国際規格 IEC 62304 が発効された。本記事はIEC 62304が医療機器メーカーのソフトウェア開発プロセスにどのような影響を与えるかについて解説する。

By:Ken Hall KenHall_main

Flexible_LEDイリノイ大学アーバナ・シャンぺーン校John Rogers教授は、極薄の無機LEDと光検知器を利用してフレキシブル且つインプラント可能なLEDアレイの開発をおこなっている。米国、中国、韓国、シンガポールの研究者らとの共同研究で、その成果は医療用モニタリングやバイオメディカル・アプリケーションなどへの応用が期待される。 また縫合発光やインプラント可能な光源のついたプラズモニック結晶にも使える可能性が高いという。研究者によると、この光は最大75%ねじったり曲げたりすることができるため、動きによる遮りも最小限に留めることができるという。

UOT東京大学生産技術研究所の研究チームは、血糖値に応じて光の強度を変化させるゼリー状ビーズの開発に成功した。このグルコース応答性のハイドロゲルを微細加工し、埋め込み型血糖値センサとして応用できることを実験用ネズミで示した。糖尿病患者の血糖値センサーとしての実用化を目指している。

表面処理ソリューションに関するこの記事では、デバイス性能の向上に利用可能な最新技術のいくつかについて説明する。機械的耐久性と微生物接着抑制を可能にする非生物汚損技術、そしてデバイスの材料であるポリマーをコーティングするのではなくむしろ修飾する技術などについて紹介する。 By: J. Thies インターフェースを管理するための技術 Thies 医療機器が生体組織や体液と直接接触するときは、常にデバイスと生体物質の初期相互作用がインターフェース、すなわち表面で発生する。

CEA- Leti/G. Cottet)

(写真提供:CEA- Leti/G. Cottet)

kinki絆創膏のように貼るだけで、歯と一体化する「極薄アパタイトシート」を近畿大(本津茂樹教授)と大阪歯科大(吉川一志准教授)の共同研究チームが開発した

ページ