Hydrogel米・国立標準技術研 究所(National Institute of Standards and Technology:NIST) と米・国立衛生研究所(National Institutes of Health)の研究チームは、ヒドロゲルを利用してさまざまな硬さの立体的組織足場材料を開発した。組織足場材料(tissue scaffold)とは、生体組織の欠損部位で細胞が自分自身の細胞外マトリックスを作れるようになるまで供給する必要のある人工の細胞外マトリックスのこと。

 

新技術により拡散MRIと機能的MRIともに高速化が可能となった。色により網膜神経線維層の方向が示され、休眠している脳の白質(大脳皮質)における軸索経路の3D画像が映し出される。全体の3D 画像は、30分もかからず8.5分程度でスキャン完了する。

新技術により拡散MRIと機能的MRIともに高速化が可能となった。色により網膜神経線維層の方向が示され、休眠している脳の白質(大脳皮質)における軸索経路の3D画像が映し出される。全体の3D 画像は、30分もかからず8.5分程度でスキャンが完了する。(画像提供:デビッド・フェインベルグ)

パラジウムベースの金属ガラス内の変形したV字の切り込み画像。元はかなり激しい亀裂であったものをプラスチックシールドしている。円形の差し込み画像は、亀裂が開く前のプラスチックシールド中に剪断オフセットされた状態(矢印)を示したもの。(画像提供:Ritchie、Demetriou両氏)

By Ken Appel, Manager Regulated Markets, Vaisala

 

はじめに

 

 パデュー大学と国立標準技術研究所)

この画像は高度な呼気分析技術用の新センサ。リアルタイムで人が呼吸する際の「バイオマーカー」を検出することにより、患者の疾病状況をより早く診断することが出来る。(写真提供: パデュー大学と国立標準技術研究所)

ページ