米国議会

「21世紀の治療法(The 21st Century Cures Act)」によって、手術用照明から義歯に至る多くの医療機器の規制緩和への道が開かれた。

ByKristopher Sturgis(オリジナルの英文記事はこちら

アボット Quadra Assura 

ByMedtec Japan編集部

7月11日、アボットは、Quadra Assura MP(TM)両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)の医療機器製造販売承認取得し、8月1日に発売することを発表した(医療機器製造販売承認は、アボットの100%完全子会社であるセント・ジュード・メディカル株式会社が取得)。

島津エス・ディー バイタルデータターミナルNC

ByMedtec Japan編集部

島津エス・ディー株式会社(本社:京都市)は、病院などの医療施設での看護師によるバイタルデータ入力業務の負荷軽減、作業の効率化に貢献するナースカート搭載型の「バイタルデータターミナル NC」を7月12日に発売すると発表した。

「バイタルデータターミナル(VDT)」は、患者の体温や血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度(SpO2)、血糖値などのバイタルデータをNFC通信対応測定機器で測定後、機器を「VDT」の読み取り部にかざすと測定データを自動で取り込む端末。専用の検知用タグを身に着けた近くの患者および看護師を「VDT」が自動で検知し、バイタルデータと紐づけて電子カルテへ送信できる。メーカーを問わず、NFC通信に対応する測定機器で取得したデータの取り込みが可能だ。

アボット Infinity DBS

By:Medtec Japan編集部

7月5日、アボットは同日、Infinity(TM)脳深部刺激(DBS)システムとディレクショナルDBSリードが医療機器製造販売承認を取得したと発表した。

メドトロニック Resolute-Onyx

By:Medtec Japan編集部

ByMedtec Japan編集部

医療機器のコーティングとして長年の実績をもつパリレンコーティングを提供するSpecialty Coating Systems〔2016年1月にKISCO株式会社により買収(関連記事)〕は、医療機器の特性に合わせた様々なコーティングを開発している。

元々は航空機の結露などによる電子部品のリーク対策で開発されたコーティングで45年以上の歴史をもつ。

ページ