MEDTEC Online

X線撮影装置を問わずにトモシンセシス画像を得られる新技術

10月11日、島津製作所は、専用ファントムとともに被検者を撮影したX線画像に独自の画像処理を行うことで、様々な一般撮影システムやX線TVシステムでトモシンセシス画像を取得可能にする新しい技術を開発したと発表した。

ByMedtec Japan編集部

8K映像の内視鏡外科手術が可能に

8K技術を様々な分野に展開するシャープはCEATEC Japan 2017(10/3~6@幕張メッセ)で、同社の70型8K映像モニターと、カイロス株式会社(本社:千代田区)が開発した8K硬性内視鏡システム(右写真)の組み合わせを展示した。

ByMedtec Japan編集部

慶大、リアルハプティクスの応用事例を展示

力触覚を機械・ロボットで再現するリアルハプティクス技術の開発を進める慶應義塾大学ハプティクス研究センター(大西公平センター長)(関連記事)は、CEATEC Japan 2017(10/3~6@幕張メッセ)で企業との共同研究開発による応用事例などを展示した。

アボットのFGMシステムがFDA承認(海外情報)

FDAがアボットの「FreeStyle Libre」フラッシュグルコースモニタリング・システムを承認したことは、同社とその提携先であるBigfoot Biomedical社、さらに糖尿病患者に大きな勝利をもたらした。一方で競合のDexCom社は大きな打撃を受け、36%も株価が下落した。

米国・アジアの医療機器規制の最新動向:Medtecセミナーレポート

2018年に10周年を迎える医療機器開発展示会・セミナー“Medtec Japan”では、9月に神戸と東京で医療機器ビジネスセミナーを開催。恒例となる国内外の最新医療機器規制を解説するセミナー〔座長:昌子久仁子氏(テルモ株式会社取締役 顧問)〕には、医療機器メーカーや関連業者を中心に多くの聴講者が集まった。

ByMedtec Japan編集部

デジタルフォトンカウンティング技術を搭載した新型PET/CT装置

10月4日、株式会社フィリップス ジャパンは、新型PET/CT装置(核医学診断用ポジトロンCT装置)「Vereos PET/CT」(右写真)の販売を開始すると発表した。

ByMedtec Japan編集部

本製品は、フィリップスが自社開発したデジタルフォトンカウンティング技術によるデジタル半導体(D-SiPM:Digital-Silicon Photomultiplier、デジタルSi−PM)検出器を搭載したフルデジタルPET/CT装置。

ページ