特集記事

シミュレータロボットを教育・開発のプラットフォームに

ByMEDTEC Japan編集部

株式会社テムザック技術研究所(本社:鳥取県米子市)ではロボット技術を生かし、より人間に近いシミュレータの開発に取り組んでいる。

レスキューロボットや留守番ロボットなど生活支援ロボットの草分けである母体会社の株式会社テムザック(本社:福岡県宗像市)が、鳥取大学医学部附属病院と自走式内視鏡の開発での連携をきっかけに、2014年、医療用ロボット等の研究開発、医療現場からの幅広いニーズを受けて受託開発等を行うため、鳥取県米子市に同社が設立された。

新技術

日本初の治療効果を持つ医療機器アプリの開発を目指して

ByMEDTEC Japan編集部

株式会社キュア・アップ(本社:中央区)は、医師が処方する治療効果をもつアプリとして「治療アプリ」の開発に取り組んでいる。2014年の薬機法施行によって単体ソフトウェアの医療機器として扱われる枠組ができ、この分野の製品開発に期待が集まっている。同社取締役COOの宮田尚氏と採用・広報担当の三島有紀氏に現状と展望について話を聞いた。

「治療アプリ」で新たな医療を

特集記事

医療現場での使いやすさ、安心感を実現する周辺機器

ByMEDTEC Japan編集部

組立加工とプラスチック射出成形を中心に電子機器の製造受託を提供する株式会社タカシン(本社:青森県平川市)では、顧客ニーズを具現化する技術力と提案力を生かし、医療現場のニーズをもとにした製品開発に取り組んでいる。

ページ

MEDTEC Japan RSS を購読