MEDTEC Online

LPixel、人工知能を活用した医療画像診断支援技術を発表

LPixel、人工知能を活用した医療画像診断支援技術を発表

11月24日、ライフサイエンス領域の画像解析を手がける東大発ベンチャーのエルピクセル株式会社(LPixel)は、人工知能を活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を発表した。

ByMedtec Japan編集部

同社ではEIRLを活用して脳MRI、胸部X線、乳腺MRI、大腸内視鏡、病理などの医療画像診断支援技術の研究開発を進めており、10のテーマを公開した。EIRLには、(1)医師のダブルチェック・トリプルチェックによって品質が担保された学習データを使用、(2)学習データが少なくても効率的・高精度に学習する独自技術を活用、(3)主要な画像診断装置および撮影プロトコルで撮影した医療画像に対応、(4)PACSシステムと連携可能、など4つの特徴があり、医療画像診断の効率化を促進し、診断医の画像診断をサポートすることを目指す。

今回、北米放射線学会(RSNA 2017)(11/26~12/1@米シカゴ)の「Machine Learning Pavilion」にも出展し、EIRLに関する取り組みについて発表を行う。今後、医療機器としての承認などを目指し、グローバルで研究開発を進めていくという。

カテゴリー: