STマイクロ、IoT機器やウェアラブル機器の開発向け小型マルチセンサ・モジュールを発表

ByMedtec Japan編集部

12月13日、STマイクロエレクトロニクスは、各種MEMSセンサ(加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサおよび圧力センサ)とMEMSマイクロフォンを集積した小型ターンキー・センサ・ボードであるSensorTile(右写真)を発表した。

SensorTileは、同様のボードの中では最小クラスのサイズ(13.5×13.5mm)で、低消費電力マイクロコントローラ(マイコン)のSTM32L4を搭載しており、センシング・通信ハブとして使用されるウェアラブル機器、ゲーム用アクセサリ、スマート・ホーム、IoT機器などの開発に最適だという。

SensorTileは、2.4GHz無線ICと1チップ小型バランICによるBluetooth Low-Energyトランシーバを搭載し、センサ・フュージョン・ハブまたはファームウェア開発用プラットフォームとして使用するために必要となる様々なシステム・インタフェースも備えている。ホスト側ボードに簡単に接続でき、電源を入れるとすぐにSTマイクロのスマートフォン用アプリ(BlueMS:主要なアプリ・ストアから無償ダウンロード可能)に、慣性データや音声データ、および環境データのストリーミングを開始する。

また、STM32 Open Development Environmentを含む、STM32Cubeハードウェア抽象化レイヤやミドルウェアをベースとしたアプリケーション・プログラム・インタフェース(API)の広範な開発エコシステムが、ソフトウェア開発のスピードアップ、簡略化に貢献する。このシステムは、Open Software eXpansion ライブラリ(Open.MEMS、Open.RF、Open.AUDIO)のほか、多くのサードパーティ製の組込みセンサ用ソフトウェアや音声処理用ソフトウェアとの互換性を有している。位置検出、活動認識、低消費電力の音声通信などのソフトウェアを含む多くのサンプル・プログラムをソースコードで利用できるため、評価およびカスタマイズをすぐに開始できる。

この包括的なキットには、SensorTile(13.5×13.5mm)を単独またはハブ・モードで接続可能なクレードル・ボードが含まれており、リファレンス設計として使用することができる。小型で機能豊富なこのボードには、温湿度センサ、microSDカード・ソケット、リチウム・ポリマー・バッテリ(LiPo)チャージャも搭載。このボードのシンプルなレイアウトは、SensorTileにより、様々な機能を搭載し、カスタマイズされたウェアラブル機器の試作開発を非常に簡単に始められることを実証している。

また、LiPo充電式バッテリと、クレードル・ボード、SensorTileおよびバッテリをすべて収納可能なプラスチック・ケースが同梱されている。

さらにSensorTileキットには、アナログ・オーディオ出力、Micro-USBコネクタ、Arduino仕様のインタフェースを集積したクレードル/拡張ボードも含まれている。STM32 Nucleoのすべてのボードに接続できるため、システムおよびソフトウェア開発の選択肢が広がる。その他、プログラミング用接続ケーブルも同梱されている。

SensorTile(STEVAL-STLKT01V1)はSTの販売代理店またはウェブサイト(http://www.st.com)から購入でき、価格は約89.00ドル。

特徴

  • LSM6DSM(3軸加速度センサ+3軸ジャイロ・センサ)
  • LSM303AGR(3軸地磁気センサ+3軸加速度センサ)
  • LPS22HB(圧力/大気圧センサ)
  • MP34DT04(デジタルMEMSマイクロフォン)
  • STM32L476(32bitマイコン)
  • BlueNRG-MS(2.4GHz帯対応ネットワーク・プロセッサ)
カテゴリー: