BASF、ポリアリールスルホン樹脂の製造能力を拡大

ByMedtec Japan編集部

韓国麗水のウルトラゾーン®の工場

9月8日、BASF(本社:ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は、韓国の麗水(ヨス)工場にあるポリアリールスルホン樹脂「ウルトラゾーン®」の製造ラインを増設すると発表した。新たな製造ラインは2017年末に稼働する予定で、年間6,000トンの製造能力が加わり、BASFグローバル全体の「ウルトラゾーン®」製造能力は2万4,000トンに達する予定だという。

BASFは、ドイツのルートヴィッヒスハーフェンと、韓国の麗水でウルトラゾーン®を製造。2014年に韓国で新工場の稼働を開始して以来、この高性能熱可塑性プラスチックを世界中に供給し続けている。

ウルトラゾーン®は、BASFのポリエーテルスルホン樹脂(ウルトラゾーン® E)、ポリスルホン樹脂(ウルトラゾーン® S)、およびポリフェニルスルホン樹脂(ウルトラゾーン® P)の製品群の商標で、コンシューマー製品、エレクトロニクス、自動車、航空宇宙産業で利用されている。また、家電製品や水道管継手などの耐熱軽量部品の製造にも幅広く利用されている。

リリースでは、技術や医療の分野で使用されるろ過膜用のポリアリールスルホン樹脂への需要が、特にアジアの新興市場で最も拡大していると指摘している。

● BASFパフォーマンスマテリアルズ事業本部プレジデントのライマー・ヤーン氏のコメント:

「今回の増設は、世界市場の拡大に対応するためのものです。2つの主要地域における製造活動が強化されることで、世界中のお客様にメリットをもたらします。」

● BASFグローバルビジネスマネジメント・スペシャリティプラスチック担当バイスプレジデントのキンワ・チャイ氏のコメント:

「この設備投資はBASFの競争力を強化し、アジアを含む世界中のお客様に、あらゆるグレードのウルトラゾーン®をより柔軟に提供できるようになります。」

カテゴリー: