OKI、樹脂材料の「UL94燃焼性試験」を提供開始

ByMedtec Japan編集部

9月20日OKIグループは、OKIエンジニアリング(本社:練馬区)において、製造部品メーカー向けに各種電気・電子製品に使用される樹脂材料の「UL94燃焼性試験」の提供を開始すると発表した。

本サービスは、電気・電子製品において何等かの熱源による着火・延焼を防止するため、材料自体の燃えにくさを一定の基準で評価するもので、顧客の製品開発に寄与する。

近年、樹脂材料は電子・電気製品の構成材料として幅広く使われる一方、製品には燃えにくさ、すなわち火災の原因にならないこと、あるいは火災時にもそれが原因で拡大することがないことという安全性が求められている。そのため、樹脂材料についてはISO/IEC60695に規定されたグローワイヤー試験〔赤熱した電熱線(グローワイヤー)をサンプルに押し当て、樹脂の着火性を評価〕、ニードルフレーム試験〔サンプルにメタンガスを利用した注射針バーナー(ニードルフレーム)を接炎し、難燃性、自己消火性を評価〕およびUL94に規定された燃焼性試験が広く行われている。

UL94は樹脂材料の難燃性試験方法と等級判定基準を規定する国際的な安全規格。今回OKIエンジニアリングでは、UL94燃焼性試験の実施環境を整備することにより、一般的に行われる燃焼性試験を全て実施できることになった。

さらに、これら燃焼性試験だけでなく、耐候性などの各種環境試験や構成物質分析などの化学的評価サービスを含めた樹脂材料の多面的な評価をワンストップで迅速に実施している。これにより、顧客は自社で設備・人的投資をすることなく、樹脂材料の評価を効率的に行うことができる。

【販売計画】
価格:10万円~/件
サービス提供開始時期:2016年9月20日

カテゴリー: