MEDTEC Online

VRとハプティクスの融合技術

VRとハプティクスの融合技術

11月13~15日、フランスの先端技術スタートアップが来日する“FRENCH TECH TOUR”が行われ、日本企業との商談イベントやビジネスピッチに参加した。GOTOUCHVR社はVRとハプティクスの融合技術を披露した。

By:Medtec Japan編集部

VRゴーグルとVRTOUCHのプロトタイプを装着するGOTOUCHVR CEOのEric Vezzoli氏

同社のVRTOUCHは指に装着し、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)内で、触覚を伝えて物に触ったり操作したりすることを可能にする。一度に3本の指に装着でき、バンドを調整することでどの指にもはめられる。

VRTOUCHは近日発売予定で、CES 2018(2018年1月9日~12日@米ラスベガス)で完成品を発表予定だ。ゴーグルと組み合わせたデモでは、ボタンを押すと感覚が戻ってくる、たき火に指を近づけると指が振動しパチパチと燃える音が出る、木琴をたたくと感触とともに音が出るといったことをVRで体験できた。

医療関連では、手術の術前計画に用いるVR/ARに組み合わせようという試みがAIを扱う企業と研究段階で進んでいる。

企業や開発者向けに開発キット(VRtouch Development Kit)やモジュールも提供しているほか、B to Bでは顧客のリクエストに応じたソリューションも提供する。日本でもパートナー企業を探している。

カテゴリー: