イベント

Medtecセミナー、神戸に続き9/22に東京で開催。最新規制・市場動向/新規参入入門の2プログラム

Medtecでは9月に神戸と東京で医療機器セミナーを開催する。9月7日に神戸国際会議場で開催されたセミナーでは小会場ながらも熱心な聴講者が集まり、活発な討議とネットワーキングが行われた。

By:MEDTEC Japan編集部

今回のセミナーでは、国内外の最新規制・技術動向を解説する医療機器メーカー向けと、医療機器業界入門と参入事例を解説する医療機器サプライヤー、新規参入・ベンチャー向けの2プログラムを厳選。

医療機器メーカー向けでは、「21世紀の治療法」、510(k)免除など進捗著しい米国の最新状況、5月に施行された欧州医療機器規制(MDR)の要点と移行スケジュール、7月に日本で制度化が決まったSUD(単一使用医療機器)再製造、ICT活用の方向性について解説。1日の聴講で国内外の主要な動きをカバーできる。

特に日本の医療機関や医療機器関連業者から大きな注目を集めているSUD再製造に関しては、新たに厚生労働省からも参加が決まり、行政、アカデミア、業界の3つの立場から講演と質疑応答を行う。

医療機器サプライヤー、新規参入・ベンチャー向けでは、参入入門から部材供給のポイントを解説し、様々な参入事例を紹介。1日の聴講で参入の手がかりを得ることができるようプログラムを組んだ。また、医療機器開発を目指して産学連携を計画中の大学・研究機関、産業振興・支援を検討中の地方自治体、支援機関、コーディネーターにとっても有益なセミナーとなる。

9月7日には神戸市の後援のもと同内容のセミナーを神戸国際会議場で開催した。小会場ながらも熱心な参加者が集まり、聴講だけでなく活発な質疑と意見交換が行われた(下写真)。本セミナーではなるべくセッションごとに名刺交換の時間を設け、参加者のネットワーキングの機会を提供している。

さらに、9月22日の東京開催ではセミナープログラム後に、基調講演(無料)、懇親会〔参加費5,000円(税込)〕を開催。機器開発と医療への貢献という志を共有する人々との人脈づくりのきっかけとなる。

→セミナー詳細・申込はこちら

● 予習はこちらから:国内外の医療機器規制の最新動向 関連記事

→セミナー詳細・申込はこちら

● 予習はこちらから:医療機器産業入門、部材供給のポイント、参入事例 関連記事

→セミナー詳細・申込はこちら

カテゴリー: