製品&サービス

フィリップス、動画による冠動脈ロードマップ機能を強化するPCI支援システムを販売開始

ByMEDTEC Japan編集部

6月30日、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、同社のX線血管造影撮影装置Azurion(アズリオン、関連記事)、Allura(アルーラ)ファミリーに対応する経皮的冠動脈形成術(PCI)を支援する最新システムソリューション「iFR Roadmap(アイエフアール ロードマップ)」の販売を開始すると発表した。

「iFR Roadmap」は、フィリップスが2016年6月より販売しているPCI Suite(ピーシーアイ スイート)の2つの機能である(1)動画による冠動脈ロードマップ機能(ダイナミックコロナリーロードマップ)、(2)高速強調画像処理をした冠動脈ステントのライブ拡大表示(ライブステントブースト)のうち、動画による冠動脈ロードマップの機能を強化したもの。フィリップス独自の機能的な虚血評価指標であるiFR(instantaneous Flow Reserve)の値とプルバックカーブをリアルタイムで自動表示する。

Coutesy from Dr. Eric Van Belle CHRU de

ダイナミックコロナリーロードマップとは、2016年6月にフィリップスが発売したPCI治療支援の動画オーバーレイ表示によるロードマップ機能。直前の撮影画像からリファンレンス画像となる動画マスク画像集を作成し、カテーテル治療実施時のライブ透視画像に自動で同期オーバーレイ表示することで、目的とする治療疾病部位へのアプローチを支援する。また、造影剤が満たされていない状況でも心臓冠動脈の走行が視覚化されたダイナミックコロナリーロードマップ機能により、カテーテルやガイドワイヤーの安全な操作、正確でスピーディーな治療を支援する。

iFR Roadmapの特長

1リアルタイムの位置同期(コレジストレーション)
位置同期を一画面で行うことにより、医療従事者のワークフローを改善する。

2血管画像とiFR値の比較レビュー
同一画面で比較レビューができるため、計測後の治療戦略が立てやすくなる。

3解析データの保存、転送
解析データは血管画像と同時に保存可能でPACS(医療用画像管理システム)へ転送可能なため、解析時のデータ呼び出しが容易となる。

※「iFR Roadmap」を使用する際にはフィリップス社のCORE Integrated Systemが必要。

カテゴリー: