新技術

パイオニア、音響技術を呼吸異常評価に生かす研究がAMED事業に採択

ByMEDTEC Japan編集部

6月27日、パイオニア株式会社は、広島大学と東京電機大学、日本光電工業株式会社と共に応募した研究「術中の迅速な呼吸異常評価のための連続呼吸音モニタニングシステムの研究開発」がAMEDの平成29年度「未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業『術中の迅速な判断・決定を支援する診断支援機器・システム開発』」に採択されたと発表した。

医師その他医療従事者の聴感による主観的評価である聴診は、評価のばらつきや、情報共有が難しい点など、多くの課題があげられている。同社は2013年より、これらの課題を解決するための共同研究を広島大学大学院救急集中治療医学と行っている(関連記事)。

カテゴリー: