MEDTEC Online

超音波画像診断装置とX線血管撮影装置の情報を統合する治療支援アプリケーション

超音波画像診断装置とX線血管撮影装置の情報を統合する治療支援アプリケーション

ByMedtec Japan編集部

6月26日、シーメンスヘルスケア株式会社は、超音波画像診断装置とX線血管撮影装置の情報を統合する「syngo TrueFusion」(シンゴ・トゥルーフュージョン)の販売を開始すると発表した。

心構造疾患(Structural Heart Disease)の治療では、超音波画像診断装置から得られる情報が必要不可欠であり、先進のリアルタイム3D TEE(経食道心エコー検査)や3Dカラードップライメージングが広く活用されている。一方で、経カテーテルによる治療を行う場合には、X線血管撮影装置の透視画像をガイドに手技が進められている。

新たに開発されたsyngo TrueFusionは、シーメンスの循環器用超音波画像診断装置ACUSON SC2000 PRIMEが搭載する先進技術True Volume TEEから得られる情報を血管撮影装置Artisシリーズへ送信することで、治療に関連する解剖学的および機能的ランドマークを血管撮影装置の透視画像上へ容易に表示することが可能になった。

syngo TrueFusionはこれまでそれぞれの装置が単独で取得していた画像情報を統合し、それぞれの画像を同期させることができるため、複雑な手技においても術者が治療の状況をこれまで以上に容易に把握することが可能となり、より正確かつ効率的に治療を進めることができる。また、術者をサポートするチーム全体が症状や手技に関する認識を共有することも容易になるため、より確実な治療、治療ワークフローの向上、治療時間の短縮といった効果が期待される。さらに、ワークフローの向上により、使用される造影剤の低減や、治療時間の短縮による被ばく低減も可能にするという。

なお、syngo TrueFusionは7月6日~8日に国立京都国際会館で開催される第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017)併設展示会にて紹介する予定。

syngo TrueFusionの画像(リリースより) 超音波診断装置 ACUSON SC2000 PRIME(左)と X線血管撮影装置 Artis zeeシリーズ(右)(リリースより)
カテゴリー: