製品&サービス

Fortwayne Metals、イノベーションを支える各種ワイヤを展示

ByMEDTEC Japan編集部

医療用ワイヤのパイオニアであるFortwayne MetalsはMedtec Japanブース(2303)で様々な特長や材質のワイヤ、ケーブルを展示。

SLTワイヤは、加工の必要のないready to useで、真直性などを変えType 1~4を用意している(右写真)。ステープルワイヤや歯科用プローブ、マイクロニードル、トルク性の高いものはガイドワイヤーなどに使われる。

同社の特許技術で多重撚り線加工した中空ケーブルHHS(Helical Hollow Strand)チューブはトルク性や力の伝達を特長とし、カテーテルのガイドワイヤーや内視鏡部品に用いられる。

ニチノール(ニッケル・チタン合金)のワイヤーは高弾性で、例えばある形状をセットし、機械的あるいは温度などの条件でその形状に戻すことが可能になる。応用製品はガイドワイヤーやステントなど。

その他、純チタン合金4TiTUDETMも提供。高強度でASTM F67に適合しており、小型のインプラント製品に最適だ。

HHSチューブ ニチノールワイヤー 純チタン合金4TiTUDETM

 

カテゴリー: