MEDTEC Online

ニットーの医療用ウェアラブルチェア「アルケリス」:イノベーション大賞一次審査通過

ニットーの医療用ウェアラブルチェア「アルケリス」:イノベーション大賞一次審査通過

By: Medtec Japan 編集部

内視鏡外科手術医のニーズから生まれた、身に付けたまま座る、歩く、立つ動作を自在に行える装置である。長時間にわたる手術時の医療従事者の負担軽減と、それによる手術の安定性向上を目指している。また、歩行が困難な人の歩行サポートとして福祉機器など他用途への展開も期待される。

(以下は応募資料より抜粋)


【製品の特長】

本製品は医師の術中の負担軽減のための身に付けて歩けるイス、ウェアラブルチェアである。メカニカルな構造でノンエネルギー・コードレス設計のため、手術室内において電磁干渉の恐れもなく電力不要で常に使える安心感とコード接続不要による安全性で安定した高いパフォーマンスを実現する。

長時間の中腰姿勢でも筋肉に負担を与えずに「歩く・座る」を繰り返す事が可能な本製品は、筋肉疲労・身体的負担の軽減と術中の安定動作の向上が見込まれる。

医療従事者のみならず足に障害を持ち歩行が困難な人の歩行サポートや、立ち作業全般においても作業環境の改善や健康促進としての可能性も持っており、分野を超えて応用力のある本製品は、成長発展分野において様々な貢献が期待できる。

【開発の背景】

本製品は千葉大学フロンティア医工学センター准教授・川平洋博士(医学)の医療現場からのニーズから生まれた。

内視鏡外科手術の専門医でもある川平博士によれば、内視鏡外科手術は患者の負担を減らし早期の社会復帰を可能にするが、術者の高度な技術を必要とし長時間に及ぶ鏡視下での微細な動作が求められる。術中の医師ならびに医療スタッフは長時間常に立った状態で医療行為に取り組まなくてはならず、身体的負担やそれによる手術の正確性への影響が課題となっている。

本製品は術中の医師らの姿勢を支え、筋肉疲労・身体的負担を軽減し、さらには手術手技の安定性向上を目指す。今までにない装着型下肢支持装置として医療の発展に貢献することが期待される。

長い間課題であった長時間手術による医療従事者の負担を、異業種である当社だからこその新しい視点や長年培ってきた技術で解決し、製品化した取り組みである。

【会社概要】

1967年、自動車産業中心の機械設備金型メーカーとして創立し、今年50周年を迎える。2004年よりM&Aを行い事業拡大し、「プレス金型」「プレス板金加工」「精密機械加工」「冶工具・設備」の4本の柱で設計、試作から量産、組立てまでを一貫して自社で行える体制を確立。

一歩先行く技術探求と積極的にチャレンジする社風の元、異業種へのチャレンジとしてiPhoneケース「TrickCover」を中小企業の自社製品として日本で初めてクラウドファンディングの活用により製品化を実現。オープンイノベーションの成功事例として多数の賞を受賞。海外43ヵ国、累計35,000台以上を販売。

医療分野への新たなチャレンジとして医療従事者用の世界初・身に付けて歩けるイス、ウェアラブルチェア「アルケリス」を開発。販売前から国内だけでなく海外からも大きな反響を得ている。


■ Medtec Japan 2017 ブース番号:3503

カテゴリー: