MEDTEC Online

京都機械工具の歯科インプラント用トルクレンチ「Newton-1」:イノベーション大賞一次審査通過

京都機械工具の歯科インプラント用トルクレンチ「Newton-1」:イノベーション大賞一次審査通過

By: Medtec Japan 編集部

自動車や機械の製造・修理では一般的なネジやボルトの締め付けトルク管理の概念を、歯科に持ち込んだ製品。同社(KTC)工具ファンの歯科医からの電話がきっかけとなり、工具メーカーが医療機器開発に挑んだ。内蔵センサによるデジタル表示、高精度が最大の特長だ。

(以下は応募資料より抜粋)


【製品の特長】

従来歯科ではビーム式やプレセット式と言われるレンチを使用しており、刻印された目盛りを読み取ったり、設定したりしていた。それに対し、同社はセンサを新設し電圧をトルク値に変換させてデジタル表示するという、今まで業界にはなかった手法を技術として採用した。

トルク検出方法など海外特許も含め3件取得。多数の医師から高評価を受け、2016年には京都府発明等功労者表彰を受賞している。

【開発の背景】

開発のきっかけは歯科医からの一本の電話だ。歯科ツールが自動車工具と酷似しているので、インプラント用のレンチが作れるのではないかという内容だった。

骨に直接インプラントを埋め込み義歯を固定する際、どのくらいのトルクで締結するかを医師の勘ではなく、確実なトルク管理をすることでより安全・安心な施術が可能となる。工具製造で長年の経験・実績をもつ同社が未知の医療機器開発に着手した。

大きな壁となったのは薬事法だった。開発の最終段階で薬事法の存在に気づき、社内体制や設備を改めて整備することに。行政への相談やセミナーへの参加、専門家からの指導など各方面から支援を受け業許可を取得。開発を続け2013年8月に上市に至った。

国内では学会での発表、最近では海外展示会への出展により販路開拓を進めている。

【会社概要】

1950年創業。工具の製造販売では、国内No.1ブランドとしてアイテム数・生産量ともに国内随一の実績と信頼をほこる。主要な事業は、自動車整備用工具、医療用工具および関連機器、その他一般作業工具およびこれらに関連する機器の製造販売。医療分野では主に歯科医療機器の製造販売を中心に、トルク管理をキーワードとした製品を展開。「Newton-1」、「ラボトルクドライバ(技工士向け)」、「トルクラチェットレンチ」の3品目を主力製品としている。また工具メーカーだからできる、機器のアフターメンテナンスや使い方の指導などきめ細やかなサービスも充実している。


カテゴリー: