製品&サービス

医療材料の市場把握ができる診療データベースを目指して協業

By:MEDTEC Japan編集部

3月1日、医療情報のネットワーク化を目指すメディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)は、株式会社メディパルホールディングスの子会社であるメディエ株式会社と協業を開始すると発表した。メディエの医療材料に関わる製品情報を活用し、MDVが保有する実診療情報から、医療材料の市場把握が可能となる日本最大規模のデータベースの完成を目指す。

MDVは国民の8人に1人に相当する約1,785万人の大規模診療データベースを保有し(2017年2月末時点)、医療・健康情報における利活用のパイオニアとして、主には製薬会社に実臨床現場における薬剤処方実態をはじめとした各種処方データを提供してきた。

メディエは、医療業界関係者が日々変化する商品情報を正確に把握することを目的に、医療材料の管理コード標準化等に取り組んでおり、現在では約100万件の医療材料の製品データベースを構築・提供している。

医療材料業界においては、同一償還価格の医療材料は同一電算コードで処理されるレセプト請求の仕組みのため、市場分析のニーズはあるものの、その把握は困難だった。MDVでは、同社が保有する大規模診療データベースを活用し、2016年11月に業界初となる医療材料に関するメーカー別・製品別シェア分析調査サービスの提供を開始した(関連記事)。

今回の協業では、さらに精緻な分析結果の提供を目指し、MDVの日本最大級の実診療データベースに、メディエがもつ医療材料の製品データベースの知見を融合する。今春頃を予定している循環器領域を手始めに、データベースの構築が完了した領域から順次分析データの提供を開始する予定だ。

カテゴリー: