MEDTEC Online

海外出願をサポートする知的財産関連サービス

海外出願をサポートする知的財産関連サービス

ByMedtec Japan編集部

株式会社知財コーポレーション(本社:新宿区)では、特許翻訳や特許調査、出願用図面作成、海外出願の取次などのサービスを提供している。

以前、日本企業が外国に特許出願する場合、国内の特許事務所を通じて外国の特許事務所に連絡を取るケースが多かった。海外出願が増え、コスト面から日本企業が外国の特許事務所に直接コンタクトするケースが増えたことを受け、特許関連の翻訳ニーズに着目し、翻訳と周辺の支援サービスを拡充してきた。

日本では特許出願件数は頭打ちだが、アジア、特に中国では出願件数は増加中だ。同社では最近「アジア知財出願センター」の商標登録を行い、中国を含む東南アジア各国への出願を一括でサポートするサービスをはじめた。日本企業だけでなく、アジア進出を考えている海外企業からも依頼を増やしていきたいという。

また、これまで主な顧客であった電機・機械メーカーが医療機器に参入する動きがあり、医療機器専門の技術翻訳にも力を入れている。ロボット関連のベンチャーや大学からもヘルスケア関連で特許や意匠の知財取得に関心が高まっているのを感じている。

業界を問わず新製品開発にあたっては、最初から海外進出を見越して海外特許を取得するケースが増えてきた。また、医療機器は最先端技術のかたまりで特許件数が多く、特許出願に関するコストを抑えるため、特許事務所に替わる知的財産関連サービスを利用した海外出願のメリットは大きくなる。

今回Medtec Japanに初出展し、日中英の医療機器専門の技術用語検索サービスのサンプルCD-ROMを配布する。翻訳サービスへの反応や新たなニーズを探っていきたいという。

また共同出展となる一般社団法人技術知財経営支援センター(MOT-IP)は、技術士、弁理士、中小企業診断士、税理士などの士業専門家の団体で、国内特許出願の支援や知財を踏まえた事業化のコンサルを行っている。

Medtec Japan 2017 ブース番号:206

株式会社知財コーポレーション:www.chizai.jp
■ 一般社団法人技術知財経営支援センター:www.mot-ip.com

カテゴリー: