胆管や膵管の内視鏡検査における被ばく量を低減する画像処理技術

ByMedtec Japan編集部

2月22日、島津製作所は同社のX線TVシステム「SONIALVISION G4」(右写真)向けに、内視鏡による胆管および膵管の検査・治療を行うERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)時のX線照射量を大幅に低減する新しい画像処理技術「SUREengine FAST」を開発したと発表した。今後販売する「SONIALVISION G4」に本技術を標準搭載する。

膵臓がんなどの病変を精密に検査するための膵胆管生検や、胆石の除去などの治療では、ERCPと呼ばれる手法が用いられている。ERCPは、口から十二指腸まで内視鏡を挿入し、その先に付いた細いチューブ(カテーテル)から胆道系、膵管を直接造影する手法で、カテーテルの位置や造影状態などを確認するため、X線TVシステムの透視機能が使用される。高画質な透視画像が求められる一方で、検査が長時間にわたるケースもあることから、被検者や医療従事者への被ばくを低減することが求められている。

これに対し同社は、X線TVシステムの主力モデル「SONIALVISION G4」向けに、高速な演算処理によって低線量でもノイズや残像を低減する新しいデジタルフィルタ処理技術を開発した。内視鏡検査に必要なX線画質とリアルタイム性を維持しながらX線量を大幅に低減できる。

「SONIALVISION G4」で従来の内視鏡検査時に使用されていた透視X線の照射パルスレート(15fps)での比較では、新技術を導入することで、画質やリアルタイム性を維持したまま透視被ばく量を約60%低減できる。さらに、新技術を導入した上でパルスレートを7.5fpsに落とした場合は、従来の15fps時と比較して透視被ばく量を約80%低減できる。

「SONIALVISION G4」は2013年1月に発売され、同社の医用画像診断機器事業における主力製品の1つ。単純X線・トモシンセシスによる骨折検査・躯幹骨DXA法による骨密度検査を1台で行える国内初のX線TVシステムであり、豊富なアプリケーションにより、内視鏡手技に限らず、泌尿器科や整形外科領域など、多様な検査に対応できる。

同社では今後、内視鏡検査以外の様々な検査にも、低被ばくな画像処理技術を適用させることを目指していくという。

カテゴリー: