特集記事

ヒト多能性幹細胞の培養法の簡便かつ低コスト化に成功

ByMEDTEC Japan編集部

1月31日、京都大学は、同 ウイルス・再生医科学研究所 末盛博文准教授、物質‐細胞統合システム拠点 宮崎隆道特定拠点助教らが、培養基質のコーティング処理を必要としない、ヒト多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)の拡大培養法を開発したと発表した。

この技術は、多能性幹細胞の日常的な培養維持に加え、創薬・細胞治療などに応用するにあたり細胞を大量生産させる工程において、培養操作の簡便化および低コスト化に寄与することが期待されるという。

多能性幹細胞を創薬や細胞治療などに応用するには、非常に多くの数の細胞を生産する必要がある。多能性幹細胞を拡大維持するには、培養容器への多能性幹細胞の接着性を高め、生存性を向上させるのに適した培養基質を容器内にコーティングしておく必要がある。培養基質の容器へのコーティングには通常、培養細胞を移し替える(継代)直前に1時間から一晩、緩衝液に溶解させた状態で恒温処理する工程が必要とされている。

今回の研究成果では、培養基質の培養容器へのコーティング処理を不要とし、多能性幹細胞を継代する際に、培養液にラミニン511断片溶液を添加するのみで、これまでと同様に安定した多能性幹細胞の接着培養が可能になることを見出した(下図)。

方法の概略(京都大学リリースより)

さらに、ラミニン断片を添加する方が、従来のコーティング処理よりも少ない使用量で多能性幹細胞の最大接着効果が得られることを見出した。また、使用した培養基質の中、ラミニン断片のみが添加法で効率的に機能することも明らかになった。

今回の成果は、ヒト多能性幹細胞利用の低コスト化と細胞培養操作の簡便化、それによる創薬研究や細胞療法の実用化に貢献することが期待される。

カテゴリー: