MEDTEC Online

テルモ、大動脈瘤治療機器のBolton Medicalを買収

テルモ、大動脈瘤治療機器のBolton Medicalを買収

ByMedtec Japan編集部

1月19日、テルモは大動脈瘤治療に用いるステントグラフトを製造・販売するBolton Medical社(本社:米国フロリダ州)と、その関連する事業を同社の親会社から買収することに合意したと発表した。

ステントグラフトは、大動脈瘤の治療を目的として使用される医療機器で、カテーテルにより血管内に留置され、大動脈瘤への血流を遮断する。大動脈瘤の治療法としては、外科的に患部を人工血管に置換する手術を行うのが一般的だが、患者の負担軽減などの観点から、ステントグラフトを使用する手術も拡大している。

テルモは大動脈瘤治療機器の人工血管とステントグラフトを製造・販売しており、本買収により、ステントグラフトの製品ラインアップを広げるとともに、最大市場である米国への参入機会を得ることで血管事業のさらなる成長につなげる。買収手続きは今春に完了する見込みだ。

カテゴリー: