ニコン、子会社とともに網膜画像診断でVerilyと連携

ByMedtec Japan編集部

2016年12月27日、株式会社ニコンおよび子会社Optos(本社:英国)は、Verily Life Sciences(本社:米国、旧Google Life Sciences)と機械学習を活用した網膜画像診断領域における戦略的提携を締結したと発表した。

3社で眼科医・検眼医、糖尿病専門医などへ簡易的な診断ソリューションを開発し、糖尿病網膜症および糖尿病黄斑浮腫の早期発見・治療に貢献することを目指すという。

糖尿病網膜症と糖尿病黄斑浮腫は成人における失明の主要原因の1つだが、スクリーニング検査を行うことで進行や失明を防ぐことができる。世界では特に低・中所得国で糖尿病患者が急増していることから、今後それらの国々で視覚障害への対策が一層求められることが予想される。

今回、3社は多くの国々における独占的な提携を締結。ニコンの強みである光学技術、精密制御、および精密機器の量産技術、Optos独自の超広角(Ultra-Widefield)技術および眼科診断市場における強力な事業基盤に、Verilyの機械学習技術を組み合わせる。この提携を通じて、糖尿病網膜症と糖尿病黄斑浮腫の早期発見から治療における機械学習活用の検査・診断用ソリューションを共同開発するという。

カテゴリー: