新技術

量研機構と4社、がんの重粒子線治療装置等の開発に向けて協定締結

ByMEDTEC Japan編集部

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(量研機構)と住友重機械工業株式会社、株式会社東芝、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社は、12月13日付で「第5世代量子線がん治療装置の開発協力に関する包括的協定」を締結したと発表した。

量研機構は、1994年に世界初の重粒子線がん治療専用装置の開発に成功し、これまでに1万人を超える治療を行った実績がある。重粒子線治療は、がん病巣に到達するまでに通過する正常組織まで損傷するおそれのあるX線やガンマ線治療と異なり、がん病巣をピンポイントで攻撃できるメリットがあるが、装置が巨大でコストも莫大になるのが課題。今後、レーザー加速技術や超電導技術等を用い、装置の大幅な小型化・低建設コスト化を目指す。また、現在の炭素イオンを使用する重粒子線治療装置よりも高い治療効果が期待できるマルチイオン照射の実用性実証等の高性能化も並行して進めるという。

計画の実現に必要な高度な技術力および開発力をもつ4社が、この第5世代量子線がん治療装置の開発計画に賛同した。それぞれが有する研究開発能力、人材、装置・施設を活用し、役割分担に応じた活動により早期開発を目指す。

カテゴリー: