MEDTEC Online

ソニー、医療用3D対応4K液晶モニター2機種を発売

ソニー、医療用3D対応4K液晶モニター2機種を発売

ByMedtec Japan編集部

11月30日、ソニーは高精度に奥行情報を認識できる3D映像の表示に対応した医療用4K液晶モニター「LMD-X550MT」(55型)、「LMD-X310MT」(31型)を発売すると発表した(下表)。

型番 発売日 価格
3D対応4K液晶モニター
『LMD-X550MT』(55型)
『LMD-X310MT』(31型)
2017年1月10日 オープン価格

昨今の医療現場では、手術顕微鏡や内視鏡装置などの医療機器も4K映像やHD/3D映像への対応が進んでおり、そのクオリティを再現できる表示機器が求められている。また、4K解像度の高精細な映像や、奥行情報を認識できる3D映像を活用することで、医療技術の更なる向上を目指したいという要望が高まっている。

本製品は、4Kの高精細かつ広色域の映像を、細部までクリアに表示し、手術の視認性向上に貢献する。3D信号の表示には、4K医療用モニターとして業界に先駆けて対応している。

HD/3D信号を4K解像度のパネルで表示する場合、従来のHD画質の3Dモニター1に比べて、最大4倍2の解像度が確保できるため、より高精度な3D映像で手術をサポートする。

本機の導入により、ソニーの3D対応の医療用モニターのラインアップはHDから4Kまで幅広く揃う。今後も4Kや3Dに対応する医療映像機器・ソリューションの提案を積極的に推進するという。

3D対応 4K液晶モニター(左:31型「LMD-X310MT」、中:55型「LMD-X550MT」、右:付属の3Dアイシールドキット)

主な特長

14Kの高精細・広色域での映像表現
HDのみならず、4Kの高精細な映像で細部までをクリアに表示でき、手術の視認性向上に貢献。4Kの放送規格であるITU-R BT.2020信号に対応し、従来のハイビジョン映像と比べ色域の表現領域も広がった。

24KHDのさまざまな3D信号に対応
4K医療用モニターとして業界に先駆けて3D信号の表示に対応。HD/3D映像を表示する場合、従来機1に比べて最大4倍2の解像度で再現できるため、より高精度な映像で手術をサポートする。

また、3D信号はさまざまな伝送方式に対応し、SDI(3G対応)、DVI、HDMIの各種端子を装備している。これにより、幅広い3D出力機器と接続することが可能(サイドバイサイド、ラインバイライン、トップ&ボトムの各方式のほか、HD/3Dの場合はSDIデュアルストリームにも対応)。

3. 複数の3D映像の表示に対応
3D映像の全画面表示に加えて、複数の表示パターンでの3D映像の表示が可能。子画面1画面でのピクチャーインピクチャー(PinP)表示時や、執刀医の対面位置に立つ医師に最適な180°回転3D表示にも対応する。また、術野映像を3Dでメインエリアに表示しつつ、参照画像をサブエリアに表示することも可能。

4.ソニー独自の「オプティコントラストパネル」構造を採用
液晶画面と画面保護パネル間の空気層を樹脂で充填したソニー独自の「オプティコントラストパネル」構造を採用。空気層をなくすことで画面に当たる光の反射と拡散が低減されるため、光の乱反射による画像のゆがみやコントラスト感の低下を防ぎ、鮮明で視認性の高い映像を再現する。

5.ソニー独自画像強調機能「A.I.M.E.™」搭載
ソニーの独自技術A.I.M.E.(Advanced Image Multiple Enhancer)搭載により、内視鏡や手術顕微鏡などからの映像の輪郭や色を調整することも可能。3D映像にも対応している。

63Dアイシールドキットを同梱
軽量で装着感が良く、長時間使用しても疲れにくいデザインの3Dアイシールドキット「CFV-E30SK」(フレーム1本とアイシールド3枚のキット)を同梱している。


1:現行機種『LMD-3251MT』、『LMD-2451MT』
*2:従来のHD・3Dサイドバイサイド方式やHD・3D SDIデュアルストリーム方式との比較において。

カテゴリー: