京大病院と共同開発した医療カンファレンス支援システムを提供開始

ByMedtec Japan編集部

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITSメディカル株式会社(本社:品川区)は、京都大学医学部附属病院と共同で開発した医療カンファレンス支援システム「メディカル カンファレンス ポータル」(下写真)を病院向けに11月下旬より提供開始する。

システム概要図
システム画面イメージ

病床数の多い病院では、電子カルテやPACS(医用画像システム)、画像管理システムなどが導入されIT化が進んでいる。患者の入退院や手術、がん治療に関しさまざまな症例を検討する医療カンファレンスが数多く実施されており、カンファレンスに関わる業務や時間を効率化したいといったニーズがある。

「メディカル カンファレンス ポータル」を導入することで、院内の電子カルテやPACS、画像管理システムなどの診療データベースからカンファレンスで指定した条件に合う対象患者に関連する情報群を自動抽出。電子カルテの内容や所見レポート、CTやMRIの撮影画像、検体結果などをカンファレンスの指定条件に応じて表示させることができる。また、会議の進行と資料の参照を同時に行える直感的な操作性を実現しているほか、患者ごとのマトリクスビュー(時系列表示)やDICOM画像と汎用画像、所見レポートをひとつの画面内で複数表示させるなど、状況に応じた運用が可能。準備作業の省力化とカンファレンスの効率化を実現する。

キヤノンITSメディカルはこれまで、病院向け電子カルテ導入などのSIサービスやシステム基盤構築のほか、診療所向けの電子カルテやレセプトコンピューター、健診施設および調剤薬局、介護施設向け各種システムなどを手掛けてきた。

今回、京都大学医学部附属病院医療情報企画部の黒田知宏教授およびキヤノン株式会社の共同研究を経て、同社は医療カンファレンス支援システム「メディカル カンファレンス ポータル」の提供を開始。本システムのコンサルティングからシステム構築、システム導入、運用支援を病院向けに提供することにより、既存の事業および商品・サービスとの連携シナジーを最大化させるという。

キヤノンマーケティングジャパングループは今年から開始した5カ年計画においてITソリューション事業の医療IT分野を重点領域と位置付けており、電子カルテや医用画像などの事業に加え、医療クラウドの業容拡大でデジタルヘルス基盤を構築しクラウドビジネスを展開することを志向している。

サービス名 価格(税別) サービス開始時期 国内販売計画
医療カンファレンス支援システム
「メディカル カンファレンス ポータル」
300万円~※ 2016年11月下旬 累計30施設/2020年までに

※ システム構成、システム開発規模等により価格は変動する

カテゴリー: