MEDTEC Online

Maxim、ウェアラブル向け超低電力、高性能マイクロコントローラを発表

Maxim、ウェアラブル向け超低電力、高性能マイクロコントローラを発表

ByMedtec Japan編集部

11月14日、Maxim Integratedは小型パッケージで高速処理を提供し、バッテリ寿命を延長するARM® Cortex®-M4FマイクロコントローラのMAX32630とMAX132631を発表した。本製品は高性能フィットネスおよび医療用ウェアラブル機器の設計の簡素化に貢献する。

パーソナルウェルネスおよび医療用ウェアラブルアプリケーション市場の急成長とともに、機器に内蔵される電子部品に新しい複雑な要求が課せられるようになった。部品は小型でありながら、高度な機能、処理能力、および最適なペリフェラルの集積化が必須となる。また、デバイスは高精度および低ノイズであるとともに、1回の充電で十分な動作時間を確保するため、さまざまな動作モードで極めて低い消費電力である必要がある。新製品は多様な機能によってこれらの問題に対応する。

MAX32630とMAX32631の高度なパワーマネージメントは動作時間を最大化し、アクティブ(127μW/MHz)、DMA(32μW/MHz)、およびリテンションスリープ(3.5μW)モードという業界で最も低いエネルギー消費を提供。これらのマイクロコントローラはコード(2MBフラッシュ)、データ(512KB SRAM)、およびキャッシュ(8KB)と豊富なメモリを内蔵しているため、サードパーティ製アプリケーションの実行やセンサーデータの記録が容易で、それゆえ総合的なユーザー体験の向上に寄与する。

インタフェースにはSPI、SPI XIP、UART、I2C、1-Wire®、およびUSBポートが含まれ、ペリフェラル機能には6つの32ビットタイマー、クロック、66の汎用I/O端子、パルストレインエンジン、および10ビットアナログ/デジタルコンバータ(7.8ksps)が含まれる。さらにMAX32631は高度ハードウェア暗号化および認証機能を実現する信頼保護ユニット(TPU)も備え、IP、アルゴリズム、およびユーザーデータを保護するための完全なセキュリティツールボックスを顧客に提供する。

MAX32630およびセキュアMAX32631によってMaximのウェアラブル用スケーラブルメモリアーキテクチャマイクロコントローラポートフォリオは、2MBのフラッシュメモリおよび256KBのSRAMを備えたMAX32620/セキュアMAX32621と、512KBのフラッシュメモリおよび160KBのSRAMを備えたMAX32625/セキュアMAX32626などとともに拡充されるという。すべての製品は-20℃~+85℃の温度範囲で動作する。

主な特長

  • 強力なプロセッサ:浮動小数点ユニットを備えた高速Cortex-M4F 32ビットマイクロコントローラコア
  • 超低電力:127μW/MHz(フル・アクティブ時)および3.5μW(スリープモード時)によってバッテリ寿命を延長
  • 小型形状:省スペース100ピンWLPパッケージ(4.37mm × 4.37mm)
  • セキュリティ:信頼保護ユニットを内蔵した堅牢なハードウェアセキュリティ

コメント

  • 「超低電力、高性能、および小型実装面積を兼ね備えたMAX32630およびMAX32631は、ウェアラブル医療およびフィットネス製品用に新規に構築された堅牢なソリューションを設計者に提供します」と、Maximのメディカル&ウェアラブル用マイクロコントローラ担当ディレクタであるPrem Nayar(プレム・ナイール)は語っている。「MAX326マイクロコントローラファミリは、センサーフュージョン、柔軟な設計および接続性を提供し、ユーザー体験をさらに向上させます」。
  • 「Maximのウェアラブル用低電力マイクロコントローラによって、従来と同等のバッテリ寿命を維持しながら、Garminの高性能ウェアラブル製品により多くの機能を追加することができました」と、Garmin InternationalのJustin氏は語っている。

供給体制および単価

  • 評価キットが利用可能です:MAX32630-EVKIT
  • MAX32630-EVKITの単価は150ドルから
  • MAX32630の単価は6.66ドル(1,000個以上、FOB USA)から
カテゴリー: