Maxim、ウェアラブル向け超小型hSensor Platformを発表

ByMedtec Japan編集部

10月31日、Maxim Integratedはウェアラブルヘルスおよびフィットネスアプリケーションの迅速で容易な設計を可能にする超小型hSensor Platformを発表した。ARM mbedをサポートする完全な開発プラットフォームにより設計期間を最大6カ月短縮し、ヘルス、ウェルネス、ハイエンドフィットネスアプリケーションの設計者は次世代ソリューションを迅速かつ容易に検証できるという。

センサーを実装したカスタムボードを作成する場合、設計者は最初にカスタムハードウェアおよびファームウェアを構築して概念を実証し、続いてプロトタイプを構築してからフィールドトライアルを開始する必要があり、作業が複雑になる。一般的には、その後さらにセンサーおよび既存ソリューションの評価に大量の時間を費やすことになる。

MaximのhSensor Platformは、すべてのハードウェア構成要素を1つの基盤に集積するとともに、ARM® mbedハードウェア開発キット(HDK)ですぐに利用可能なハードウェア機能を用意しており、プロトタイプの作成に要する3~6カ月の開発期間を短縮できるという。

hSensor PlatformはMAXREFDES100#リファレンスデザインとして提供され、hSensorボード、ドライバを備えた完全なファームウェア、デバッガボード、およびグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が含まれる。Maximのウェブサイトでは、ファームウェアのソースコードへのアクセスが提供されており、設計者は各種用途のアルゴリズムをプラットフォームにロードして、特定アプリケーション用に適応させることができる。顧客はファームウェアのダウンロードによって、設計の最適化、より迅速な評価の実現、市場投入までの時間の大幅な短縮が可能になる。チェストストラップ、ECGパッチ、腕時計型機器、温度計、使い捨て温度パッチ、血中酸素測定、スマート体重計、生体認証などのヘルス、ウェルネス、およびハイエンドフィットネスアプリケーションに最適と考えられる。例えば、1つのCR2032電池で現在の既存ソリューションと比較して2倍の期間にわたってECGを継続的に記録するウェアラブルパッチを設計することができる(50%以上の省電力)。

hSensor Platformには以下の製品が含まれる。

  • MAX30003:超低電力、1チャネル集積型生体電位AFE
  • MAX30101:高感度パルス酸素濃度計および心拍数センサー
  • MAX30205:業界唯一の医療グレード温度センサー
  • MAX32620:ウェアラブル用に最適化された超低電力ARM® Cortex®‒M4Fマイクロコントローラ
  • MAX14720:業界で最も自己消費電流の小さいパワーマネージメントIC (PMIC)
  • その他の部品:慣性センサー(3軸加速度計、6軸加速度計/ジャイロスコープ)、気圧センサー、フラッシュメモリー、およびBLE無線

主な特長

  • 概念を迅速に検証:検証済みのハードウェアとファームウェアによって設計時間を最大6か月短縮
  • 製品化までの時間の短縮:既存のハードウェアとファームウェアを基盤とすることによってハードウェア設計を迅速に完成
  • ARM mbedサポート:効率的な評価と迅速なアプリケーションプロトタイプ作成のために、mbed環境は高レベルの抽象化の提供によって、ソフトウェアツールの保守を不要にし、オープンソースソフトウェアの包括的ライブラリを提供
  • 完全なソリューション:コンパクト、超小型ソリューション(25.4mm x 30.5mm)で必要なすべてのものを1か所で提供するため、複数のソースへのアクセスが不要。コイン電池で動作。データのBluetooth low energyでの監視、フラッシュへの保存、またはUSB経由でのストリーミングが可能

コメント

  • 「当社はMaximのhSensor Platformを使って、非常に複雑な測定工程を簡素化し合理化することができました」と、toSense社の最高科学責任者であるMatt Banet氏は語っている。「使いやすい開発キットが提供され、それを当社の独自のハードウェアプラットフォームにうまく実装することができました」。
  • 「Maximはウェアラブル市場に全力で取り組んでおり、hSensor Platformはこの取り組みの証です」と、Maximのインダストリアル&ヘルスケア製品担当エグゼクティブディレクターであるAndrew Baker (アンドリュー・ベイカー)は語っている。「新しいアプリケーション用のソリューション開発を続ける中で、特定の用途に対応するようにこのプラットフォームを拡張していきます」。
  • 「Maximのこの新しいプラットフォームは、カスタムボードをゼロから作る面倒な工程から設計者を解放してくれます」と、DatabeansのリサーチディレクターであるSusie Inouyeは語っている。「このような技術を容易に利用することが出来ることはコスト削減を推進する上でも重要であり、特に現在でも価格帯が需要の妨げになっているフィットネスアプリケーション市場において、より多くの消費者を引きつけることができます」。

MAXREFDES100#リファレンスデザインの単価は150ドルで、Maximのウェブサイトおよび一部の販売代理店から提供される。ハードウェアとファームウェアのファイルは無料でオンラインで入手可能。

カテゴリー: