MEDTEC Online

伸縮する電線「ロボ電」

伸縮する電線「ロボ電」

ByMedtec Japan編集部

旭化成は伸縮する電線「ロボ電」を開発。CEATEC 2016(10/4~7@幕張メッセ)では産業用ロボット、ヘッドフォン、ACアダプタ、ウェアラブル(右写真)といった応用例とともに展示した。

金属導体を使っているため電気抵抗が低い、伸縮しても導体同士が重ならないので断線しにくい、導体間隔が一定に保たれインピーダンスが安定しているので信号伝送性がよいといった特長をもつ。

伸縮することで、屈曲部の余分な配線のたるみを解消できる、配線スペースのコンパクト化、可動部への追従設計が容易というメリットがある。

ロボット向けに高耐久性配線に使われるROBODEN® TRと、情報機器向け配線のROBODEN® TIを展開。

カギは編み込み技術で、弾性体を軸に導体を巻き付け細い繊維を組み込んで編むことで、伸縮しても導体が一定間隔を保ち、損傷することなく復元する。

編み込み技術を生かして顧客の要望に応じたバリエーション対応が可能で、細線同軸を使ったものや、透明の被覆を使ったスケルトン電線などサンプル品も展示(左写真)。

医療関連のウェアラブルでは、センシングのみを行う場合は電気抵抗が高い導電素材でも使えるが、EMSのようにある程度大きな電流を使用する場合には新たな配線の選択肢になる可能性がある。その他にも、歯科やヘルスケア機器も含め、配線の自由度が求められる機器などのニーズを探索しているという。

カテゴリー: