クラウド電子カルテ「Clipla」、PACS連携機能をリリース

ByMedtec Japan編集部

9月27日、クリニカル・プラットフォーム株式会社は、同社が提供する診療所向けのクラウド電子カルテ「Clipla(クリプラ)」(関連記事)が医療用画像管理システム(PACS)と接続するPACS連携機能をリリースし、株式会社スリーゼット(本社:千代田区)が提供する医療用画像管理ソリューション「Caps-Web」ならびにクラウドサービス「WATARU」との連携を開始したと発表した。

医療用画像管理システムとの連携

PACS連携機能は、CRやCT、MRI、内視鏡などの画像撮影装置の画像データを管理する医療用画像管理システムと接続し、電子カルテから専用画像ビューワーを呼び出して、患者の検査画像を表示。医療用画像管理システム側で患者情報を検索する必要がなく、シームレスに患者情報を呼び出すことができるため、診療の効率化につながる。

また、本機能の連携先として、スリーゼットが提供するオンプレミス型の医療用画像管理ソリューション「Caps-Web」とクラウドサービス「WATARU」の2製品に対応する。

「Clipla」とスリーゼット「Caps-Web」「WATARU」との連携イメージ
※ スリーゼットの「Caps-Web」「WATARU」とのPACS連携には、「Clipla」の利用環境としてWindows PCが必要

■ クリニカル・プラットフォーム株式会社 プレスリリース

カテゴリー: