島津製作所、最新FPDを搭載するデジタル式回診用X線撮影装置を発売

By:Medtec Japan編集部

島津製作所は、同社のデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX7 Version」のラインナップに、富士フイルム株式会社製の最新FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載するモデルを追加し、9月13日から販売を開始すると発表した。

デジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX7 Version」と新対応FPD

近年の医療施設において、X線撮影システムはFPD搭載型が普及し、多種多様なDR(デジタル・ラジオグラフィー)システムが使用されている。これに対し、島津製作所は「DR NEUTRAL」という独自のコンセプトを掲げ、同社の撮影装置と顧客のニーズに合致する他社DRシステムの組み合わせを可能にすることで、柔軟かつ最適なソリューションを提案。顧客は自身の施設の既存システムと連携性・親和性が高いシステムを構築できる。

「MobileDaRt Evolution MX7 Version」は、これまで島津製作所製およびキヤノン株式会社製DRシステムに対応していたが、今回の追加ラインナップで富士フイルム株式会社製DRシステムも使用可能になり、顧客の施設の要望に合わせ、さらに柔軟な対応が可能になった。

今回使用可能になったのは、広視野サイズやNICUでの使用に最適なコンパクトサイズなど、3サイズ5種の富士フイルム株式会社製FPD。このFPDは、国際電気標準会議が定める防水規格IPX6に準拠し、耐荷重310kgと堅牢性にも優れているため、救急用途や感染症病棟などで力を発揮する。中でも、汎用タイプの14×17インチのFPDは業界最軽量クラスの2.5kgであり、操作者の負担を軽減する。また、グリッド無しで撮影画像から散乱X線を除去する機能をオプションで追加すれば、グリッド分が軽量になり着脱の手間も無くなるため、回診業務の効率が向上する。

「MobileDaRt Evolution MX7 Version」は、静かで滑らかな走行や簡単な撮影位置決めなどで好評な島津製作所のデジタル式回診用X線撮影装置の最新モデル。画像表示部に17インチの大型液晶モニタを採用したことで、視認性やタッチパネルの操作性を高めており、FPDにカバーを装着する際に便利なスリットや小物収納スペースなど、操作者のニーズに応える設計を追求している。

対応可能FPD幅×奥行き×厚さ、重さ)

17×17インチ汎用タイプ(460×460×15mm、3.1kg)
17×17インチ高感度タイプ(460×460×15mm、3.2kg)
14×17インチ汎用タイプ(384×460×15mm、2.5kg)
14×17インチ高感度タイプ(384×460×15mm、2.6kg)
10×12インチ高感度タイプ(282×333×15mm、1.6kg)

※いずれも交換式バッテリーを含む

新FPDに対応する
「MobileDaRt Evolution MX7 Version」の価格
1億750万円~(※ 税別、システム構成により異なる)
【製造販売認証番号】(医療用)
220ABBZX00229000 移動型デジタル式汎用X線診断装置
[回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolution]
移動型アナログ式汎用X線診断装置
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
カテゴリー: