金属3Dプリンターによる「カスタムメイド人工股関節」の開発を開始

ByMedtec Japan編集部

8月2日、金属3Dプリンター製造受託サービスを手掛ける株式会社J・3D(本社:名古屋市)は、患者個々の骨格構造および症状等に合わせた日本初となる「カスタムメイド人工股関節」の共同開発を名古屋市立大学と開始すると発表した。

現在の人工股関節はすべて既製品であり、その形状に合うように患者の生体骨を削り調整することで治療が行われている。また、輸入依存度が高く、外国製が90%を占めている。

今回日本初の試みとして、金属3Dプリンターを用いることにより、CT等の画像データから患者の骨形状データの抽出、三次元化および製品製造までの一体型製作(下写真)を目指す。これにより、患者個々の病状に合わせたデザイン設計が可能となり、手術時間の短縮、患者への身体的負担が軽減されることが期待される。他にもメリットとして、入院期間の短縮、早期リハビリの実現、可能な限り骨を温存した治療の実現、インプラントの長寿命化(耐用年数の増加)、再置換手術の減少、再手術のしやすさ、成績向上等もあげられるという。

カテゴリー: