MEDTEC Online

ニプロ、医療用ソフトウェア製造子会社を設立

ニプロ、医療用ソフトウェア製造子会社を設立

By: Medtec Japan編集部

ニプロ株式会社(本社:大阪市北区)は医療用ソフトウェア等の自社製造を推し進めるため、新たに山梨県中央市に子会社を設立した。

同社は、ディスポーザブル医療機器や医薬品を中心とした製造販売を展開してきたが、医療がより高度化する一方で、医療費抑制の要請もある中で、医療現場のニーズに応えたハードウェア・ソフトウェア等を含めてシステム化された製品・サービスの提供を行うことが総合医療メーカーとして重要になると判断。

ニプログループ内にソフトウェア等を専門的に開発する会社を設立し、今まで培った知識・専門性を結集することで、治療・予防・健康増進の分野で医療現場のニーズに応えていくことを目指す。

新会社の概要

会社名:ニプロシステムソフトウェアエンジニアリング株式会社 (英語名:Nipro System Software Engineering Co., Ltd.)
代表者:代表取締役社長 渡邉伸一(現、グロースエクスパートナーズ株式会社代表取締役社長)
本店所在地:山梨県中央市中楯801番
資本金:1,000 万円
株主及び持株比率:ニプロ株式会社 80%、渡邉伸一(グロースエクスパートナー株式会社社長)20%
事業内容:医療用ソフトウェア等のシステム開発・製造・販売
設立時期:2016年6月1日

グロースエクスパートナーズ株式会社の概要

商号:グロースエクスパートナーズ株式会社
代表者:代表取締役社長 渡邉伸一
設立:2008 年7月4日
資本金:70,500,000円
本社所在地:東京都新宿区西新宿 1-26-2 新宿野村ビル24階事業内容:ITソリューションの企画・提案・コンサルティング システムインテグレーション 開発支援サービス ネットワークシステムの構築・メンテナンス Web サイト構築・サイトデザイン Web マーケティング

カテゴリー: