血圧管理プログラムと医療アプリがサービス連携:オムロン ヘルスケア、ウェルビー

By: Medtec Japan編集部

7月1日、株式会社ウェルビー(本社:千代田区)とオムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都市)は、高血圧領域においてサービス連携を開始すると発表した。

これによって高血圧患者は、オムロン ヘルスケアの家庭用電子血圧計と「Welbyマイカルテ」(AndroidおよびiOSに対応)をデータ連携させることで、測定値を手動入力することなく、Bluetoothを介して自動的に「Welbyマイカルテ」に取り込み、記録・管理をすることができる。測定データの記録、管理を自動化することにより、患者自身がより簡便に健康管理することが可能になる。

また、ウェルビーの生活習慣病患者向け医療アプリ「Welbyマイカルテ」に、オムロン ヘルスケアが医師とともに作り上げた血圧管理プログラム「メディカルリンク」の基本機能を連携。オムロン ヘルスケアの持つ血圧分析ノウハウと、ウェルビーの生活習慣病をはじめとする様々な慢性疾患における患者向け治療支援デジタルサービス〔PHR(Personal Health Record)サービス〕が連携することで、高血圧患者の日々の血圧管理の利便性を向上する。さらに、患者の測定データを自動的にグラフ化して医師に共有することで、効率的な高血圧診療をサポートする。

オムロン ヘルスケアの家庭用電子血圧計(HEM-9200T)と「Welbyマイカルテ」の機器連携シーン

今後は、連携する家庭用医療機器のラインナップを拡充し、ソフトウェアの改良を重ねることで、医師、患者にとっての利便性向上を目指す。

■ 株式会社ウェルビー プレスリリース

カテゴリー: