尿中代謝物の解析によりがん患者の尿検体の識別に成功

By: Medtec Japan編集部

6月14日、株式会社日立製作所、住商ファーマインターナショナル株式会社および住友商事株式会社は、尿中の代謝物を網羅的に解析することにより、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別する基礎技術の開発に成功したと発表した。

健常者とがん患者の尿検体に含まれる1,300以上の糖や脂質などの代謝物を網羅的に解析したところ、両者の尿中代謝物の間に、含有量が大きく異なる代謝物が存在することがわかった。そこで、これらの代謝物をがんの有無を判別するバイオマーカー候補として絞りこみ、主成分解析を行った結果、特定したバイオマーカー成分の含有量から、健常者、乳がん患者、大腸がん患者の尿検体を識別することに成功した。

がんの早期診断、早期治療のために簡便ながん検査が求められているなか、今回の成果は将来、受診者自身が尿検体を採取し、これを医療検査機関に送ることでがん検査を可能とする新しい検査スタイルの確立に道を開くものだ。

今後、3社はバイオマーカー候補物質の構造解析を行い、大腸がん、乳がん以外のがんの識別および実用化に向けた研究を推進するという。

なお、本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の医療分野研究成果展開事業、産学連携医療イノベーション創出プログラムの支援によって実施された。

健常者、乳がん、大腸がん患者の尿検体の識別結果
カテゴリー: