MEDTEC Online

骨粗しょう症診療向け小型X線骨密度測定装置を発売:GEヘルスケア・ジャパン

骨粗しょう症診療向け小型X線骨密度測定装置を発売:GEヘルスケア・ジャパン

By: Medtec Japan 編集部

5月12日、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:日野市)は、狭小スペース向けに開発されたX線骨密度測定装置「Chorale(コラール)」を販売開始した。

骨粗しょう症は自覚症状なく進行するため、骨密度測定などで早期に評価することが重要だが、患者数が1,300万人と推測されるのに対して正式な診療を受けているのは20%程度だと言われている。これには、本格的な検査が可能なX線骨密度測定装置(DXA)の使用が主に基幹病院や骨粗しょう症専門クリニックに限られているという背景がある。

また、診療現場では、X線骨密度測定装置のデータの精度、スキャン測定から測定データのレポーティングまでのワークフローの効率化のほか、装置の操作性の簡便化や低被ばく化、限られた設置面積における設置性の改善などが求められている。

このような診療上の課題を解決するため、現場のニーズに応えて開発したのが「Chorale」だ。特長は以下の通り。

  • これまでの同社のコンパクトタイプDXA装置に比べて奥行きを30cm短くし、狭小スペースへの設置を可能にした。
  • 3ステップで一連の検査を可能にする「OneScan」機能によって検査ステップを短縮(下写真)。検査効率の向上と検査枠の増加などが期待できる。
  • 標準モードにおける腰椎・大腿骨近位部の測定時の入射線量は21μGy(通常の胸部レントゲンの1/10程度)と、低被ばくを実現。

カテゴリー: