MEDTEC Online

低侵襲治療・診断に向けた共同研究事業を開始:東京医科大・工学院大

低侵襲治療・診断に向けた共同研究事業を開始:東京医科大・工学院大

By: Medtec Japan 編集部

東京医科大学(新宿区)と工学院大学(新宿区)は、治療や診断における患者の身体的な負担をできるだけ小さくする低侵襲な治療方法や診断装置の新規開発に特化した共同研究事業を開始するにあたり、4月21日、両学長による合意書への署名を行った(右写真)。

発表によると、高齢社会や医療費の高騰という課題に対して、国民が病気にならず、できる限り健康なまま年齢を重ねるために“先制的な医療”を推し進めていくための原動力となるのが、低侵襲の治療や診断だという。

東京医科大では、「ダヴィンチ」によるロボット手術に国内でも早期から本格的に取り組み、これまでに国内随一の実績を積んできており、医療の低侵襲化と先制医療をより進めることで、患者にもっとやさしい医療を展開することを目指している。

また、同学は創立100周年事業の一環として、「低侵襲医療開発総合センター」を設置。「ロボット・診断治療装置開発部門」と「健康増進・先制医療応用部門」の2部門を置き、前者は今回の共同研究事業の受け皿となり、後者では、主に唾液をメタボローム解析することにより、超早期にがんなどを発見する技術の確立と臨床応用を目指す。

今回の共同研究事業ではまず、短期間での実用化の可能性が高いもの、または短期間での実用化が求められているテーマを抽出し、7つの共同研究グループ(下記)をスタートする。

【両学長のメッセージ】

・東京医科大学 鈴木衞 学長

本学創立100周年記念事業として「低侵襲」を中心に据えた展開を考え、そのためには工学系との連携が必要と、工学院大学にお声かけしました。結果、良いマッチングができ、より「患者さんにやさしい」診断・治療となる成果が3年をメドに生まれることを期待しています。

・工学院大学 佐藤光史 学長

本学の建学の理念である「社会・産業と最先端の学問を幅広くつなぐ『工』の精神」が東京医科大学との共同研究により医学分野へも波及し、私たちの想いが生かされていくことに感謝します。今後、ますますの研究の発展を願っています。

【7つの共同研究テーマ】

  1. 新規人工股関節シミュレーターの開発
  2. ブレインコンピュータインターフェース(BCI)を用いた認知症の早期診断
  3. 経口的手術用リトラクターにおける低圧舌圧子の開発研究
  4. 侵襲なく耳小骨病変を診断する新検査機器の開発
  5. リキッドバイオプシーによる低侵襲診断システムの開発
  6. 肺癌のバイオマーカーによる悪性度評価と次世代低侵襲治療
  7. 放射線治療における高精度体位位置決め法の開発

※ 詳細は下記リリースを参照

カテゴリー: