アルプス電気、IoTモジュールやロボット用デバイスを展示

アルプス電気のブース(#6105)では、脈拍、ヘモグロビン、酸素の同時計測を低拘束で実現するウェアラブル用近赤外分光センサを展示。その他、同社のバランス制御、自動運転デバイスや荷重や角度検知センサなどで、介護用ロボットの高機能化を提案する。

また、LC機器の小型化や検査・分析時間の短縮を実現するマイクロ流路も展示。医療、ヘルスケア領域に向けて同社の幅広い技術力が紹介されている。

 

カテゴリー: