MEDTEC Online

“医用画像システムサービス”を提供開始:キヤノンマーケティングジャパン

“医用画像システムサービス”を提供開始:キヤノンマーケティングジャパン

By: Medtec Japan 編集部

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下、キヤノンMJ)は、医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place(メディカルイメージプレイス)」を拡充し、医療施設内の医用画像をクラウド上で閲覧、保管、管理できる“医用画像システムサービス”を2016年4月15日より開始すると発表した。

キヤノンMJグループは中長期経営計画の成長戦略として医療事業の強化・拡大に注力している。キヤノンMJは2014年9月に3D医用画像解析技術に強みを持つ株式会社AZEをグループに迎え入れ、10月には医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」を開発し、遠隔読影インフラサービスと医用画像外部保管サービスを開始するなど、医療画像ソリューション事業を強化してきた。この度、本基盤上で稼働させるサービスの第三弾として、医療施設内の医用画像をクラウドサービス上で閲覧、保管、管理できる“医用画像システムサービス”の提供を開始する。

背景としてまず、診療報酬改定を機に、CTやMRIなど高度な画像診断機器の共同利用が推進され、地域医療連携のニーズが高まっていることがあげられる。また、医療施設内で発生する医用画像データ量の増加にともない、保管が義務付けられている医用画像データを医療機関内で保管、管理する負荷が拡大している。こうした地域医療連携や医用画像データ保管の需要拡大に対し、キヤノンMJグループは医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」をベースに医用画像を簡単に連携、共有できるサービスを提供し、医療の質向上に貢献していく。

新サービス“医用画像システムサービス”を利用することで、医師はCTやMRI、X線撮影装置などで撮影した患者の検査画像をクラウド上で保管でき、必要に応じてクラウド上から医用画像を閲覧できる。医用画像の閲覧は、キヤノン株式会社が提供する「統合医療画像管理システム」の画像俯瞰機能を活用することで、画像種別と時系列のマトリックスで表示可能。また、「Medical Image Place」専用端末を施設内に設置することで、クラウドの通信形態が各省庁のガイドラインに準拠した高度なセキュリティ環境を構築できる。さらに、従来の設置型PACS(医用画像管理システム)で必要な、サーバー・ソフトウエアの購入や複雑なネットワーク構築、保守サービスの加入などが不要で、サーバーやソフトウエアをクラウド経由で必要に応じて利用することができ、システムの保守サービスを最小限に抑えることが可能だ。

キヤノンMJは今後、医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」をプラットフォームに、3D医用画像解析技術を活用した診断支援アプリや、製薬メーカーおよびCRO(治験画像読影)向けに特化したサービスなどを順次提供していくことを計画している。

“医用画像システムサービス”の概要図

カテゴリー: