MEDTEC Online

KISCO、米Specialty Coating Systemsの買収完了

KISCO、米Specialty Coating Systemsの買収完了

By: Medtec Japan編集部

KISCO株式会社(本社:大阪市中央区)は2015年12月29日、Specialty Coating Systems Inc.(米国・インディアナポリス)の買収を完了したことを発表した。

両社が展開するパリレンコーティング事業は数十年間にわたり電気・電子分野で、電子部品・基板の防錆、絶縁、腐食性ガスや化学薬品等からの保護に使われてきた。また、パリレン材料はFDAの生体適合物質として承認され、冠状動脈ステントやペースメーカ、人工内耳、人工眼等の表面不活性化などに最適の材料として使われるなど、厳しい品質要求で知られる医療分野でも信頼性を確立してきたコーティングである。パリレンコーティングの市場規模は、電子機器や医療機器への採用拡大により2020年には7億ドルに達すると予想されている。

KISCOは1921年創業の化学品・電子材料等を扱う専門商社で、欧米・アジア14カ国に45社の海外展開を行っている。パリレンコーティング事業では、材料を自社製造している点を強みに「diX」ブランドとして約18年の業歴があり、全世界10拠点で事業展開している。

Specialty Coating Systemはパリレンコーティングの先駆者として世界のパリレン市場のトップとして知られている。40年以上にわたって医療機器、エレクトロニクス、自動車、防衛・航空宇宙事業などの分野において高品質のパリレンコーティングのサービスを提供し、現在は北米を中心に全世界11拠点で事業展開を行う。

統合後は両社の経験と強みをもとにパリレンコーティング市場のトップ企業として、最高水準のサービスをグローバルに提供できる体制の構築を目指す。

■ KISCO株式会社

http://www.kisco-net.jp/

カテゴリー: