特集記事

新たなパッチ式脳波センサを開発:大阪大学COI拠点

By: MEDTEC Japan 編集部

大阪大学COI(センター・オブ・イノベーション)拠点では、科学技術振興機構(JST)のCOIプログラムによる支援を受け、医脳理工・産学連携のプロジェクトを進めている。

今回、関谷毅教授(大阪大学産業科学研究所)、菊池充教授(金沢大学こどものこころの発達研究センター)を中心とする医脳理工連携チームが“冷却シートを額に貼るような感覚で、容易に装着することができるパッチ式脳波センサの開発”に成功したと発表された。手のひらサイズながら大型の医療機器と同じ計測精度をもち、リアルタイムで脳の状態を可視化できる。

従来の脳波測定には、頭部全体に複数の電極を装着する必要があり、長時間の装着や子どもの脳波測定には装着者の負担が大きかった。

新しいセンサにより脳波測定が簡易になるため、脳と個人の状態の因果関係を解明する研究などへの応用、また将来的に家庭内で脳波を測定し、個人の状態を判断できるシステムの実現などが期待されるという。

■ JSTプレスリリース

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160107-2/index.html

カテゴリー: