MEDTEC Online

血糖モニタリング市場は100億ドル規模に

血糖モニタリング市場は100億ドル規模に

新たなレポートによると、全世界の血糖モニタリングと糖尿病管理市場は2015年中に100億3千万ドルに達するという。

By: Arundhati Parmar(オリジナルの英文記事はこちら

市場成長のドライブ要因は、新たな持続血糖モニターの登場と高いヘルスケア・ニーズをもった高齢者人口の増加である。Kalorama Informationによると、技術の成熟の他に市場に貢献している要因は、ヘルスケアのリソース減と入院日数を減らす傾向、新たな機器によって証明された効率性である。

「血糖モニタリングと糖尿病管理市場はここ40年間で大きく成長しました」とKaloramaのBruce Carlson氏はいう。「糖尿病患者の劇的な増加によって、血糖モニタリング装置への需要と供給も急激に拡大しました。今や測定器は小型・迅速化し、持ち運びが可能になり正確性を増しました。またコンピュータと接続できるようになりました」。

市場の売上の大部分が従来型の血糖モニタリングと糖尿病管理によって占められている。市場を支配してきたのはLifeScan(ジョンソン&ジョンソン)、ロッシュ、アボット、バイエルである。しかし最近になってパナソニック、サノフィ、Wal-MartやTargetといった小売業者も参入し競争がはじまっている。

カテゴリー: