BCI市場は2022年までに1.73億米ドルに

Grand View Research.comは“2022年までのBrain Computer Interface(BCI)の市場分析、セグメントの業績予想”を発表した。それよるとBCI市場は2022年までに1.73億米ドルに達すると予想される。神経変性疾患の発生率の増加、高齢者人口の増加、神経機能代替への需要の高まりがこうした市場を牽引している。研究開発投資の増加とDECORDER(欧州でおこなわれている意識喪失患者に対するBCIによる意識検出のプロジェクト)のような政府プロジェクトの存在に加えて、日本や中国のような新興市場で注目が集まることでこの市場の成長が推進されると予想されている。

http://www.grandviewresearch.com/industry-analysis/brain-computer-interfaces-market

ポイントは下記の通り。

  • 非侵襲的なBCIは、市場の中で最も収益性の高い製品のサブセグメントとして識別され、予測期間にわたって10.0%以上の率で成長すると予想される。
  • BCIに関連のあるヘルスケア・セグメントは2014年に最大のマーケットシェアを占めた。脳関連疾患の発生率の増加や医療応用にかかわる研究開発費の増加、高齢者人口の増加はこれらのセグメントのドライブ要因である。
  • 北米は進行中のBCIプロジェクトが多数存在するために2014年に40.0%以上の売上シェアを持つ最大の地域市場だった。
  • 患者からの注目の高まりやヘルスケアインフラの成長によっても、予測期間で優先的な市場の成長をもたらすと考えられている。
  • アジア太平洋地域は、最も収益性の高い地域市場と目されている。急速に経済が発展し、需要が未開拓であることから市場の成長が期待されている。特に中国はもっとも急速な成長が見込まれている。
  • BCI市場のキープレーヤー(企業)にはEmotiv System, Mind Solutions Corp., Puzzlebox, Natus Medical, Interactive Productline, Compumedics Ltd. and Neuroelectricsが含まれている。

 

カテゴリー: