MEDTEC Online

ウェラブル医療機器向け高性能センシング技術

ウェラブル医療機器向け高性能センシング技術

ウェアラブル生体センサ

(左)心拍センサ(電位検知方式)、(右)脈波センサ(光電方式)

半導体大手のローム株式会社は、同社のセンサ・デバイス技術を、ウェアラブル機器や、各種ヘルスケア・医療機器向けに提供しているだけでなく、医療機器メーカーや大学と共同で革新的なデバイス開発やソリューションの創出にも力を入れている。

今年のMEDTECの同社ブースでは、省エネ、小型化、高感度をキーワードに、医療機器に応用可能なさまざまな技術を紹介する。

目玉のひとつは、同社が神戸大学大学院システム情報学研究科の吉本雅彦教授と共同でNEDOのプロジェクトとして開発した超低消費電力の「次世代のウェアラブル生体センサ」だ。本技術は電源が遮断されてもデータを失わない不揮発性メモリを活用し、処理が無い時間は電源を積極的にオフして待機電力の発生を抑制できる。

近赤外センサーを使用したデモカメラで人の手の平の血管をリアルタイムに投影

また、必要に応じて電源を即座にオンすることで「ノーマリーオフ動作」を実現し、消費電力の極小化を達成している。さらに、「計測した(心拍数などの)データはいったん保存し、無線でスマホなどに送信できるのも特長」と同社センサ事業推進 統括部長の長畑氏は語る。ウェアラブル型の医療機器では、中核部品であるセンサの省エネ化が大きな課題だっただけに、超省エネ型のセンサモジュールの登場は、健康医療器具業界にとって朗報だ。

また同社は、近赤外線で皮下血管などを観察できる「CIGS(Cu-In-Ga-Se)イメージセンサ」を活用して、日本大学工学部と最先端の医療機器開発にも着手している。生体の血管・血流を非侵襲的に観察するための光学的イメージング医療機器の開発を現在進めている。その他にも、同社が長年培ったユニークなセンサ技術を「今後は産業機器メーカーだけでなく、医療や介護などの場面でも活用して欲しい」と同社LSI生産本部開発担当統括部長の谷内氏談。

さらに、同社は、高齢者向け住宅や、病院・介護施設など向けに、電池不要の無線通信機能付きセンサを用いた「見守り」システムも出展する。これは、機器間無線通信技術の国際標準規格(ISO/IEC 14543-3-10)である「EnOcean(エンオーシャン)」に対応するスイッチやセンサ、IoTゲートウェイで構成するもので、「電気配線や電池交換が不要なため、防水性並びにレイアウトの自由度が高いスイッチやドアセンサなどを提供することができ、それらから収集したデータをゲートウェイに集積し無線でサーバに伝送することができる。

各スイッチやセンサは固有の識別情報を有しているので、“どの患者(あるいは高齢者)が何処にいるかの情報を管理できるナースコールシステム”のイメージで使っていただければ」と谷内氏は語る。

同社はブース出展のほか、4月22日11時50分よりMEDTEC会場内で開催されるセミナーで「エレクトロニクスの技術でヘルスケアを身近に」というテーマで、半導体メーカーとして社会や医療に貢献出来る可能性について紹介する。


ローム株式会社

www.rohm.co.jp

ブース番号:4104

カテゴリー: