MEDTEC Online

医療機器向けの光触媒抗菌性チタン箔

医療機器向けの光触媒抗菌性チタン箔

東洋精箔・株式会社の「光触媒抗菌性チタン箔」は、陽極酸化処理により酸化チタン被膜を形成した、抗菌活性値の高い箔。

一般的な光触媒塗料と比べると、基材と酸化チタン被膜との密着性や被膜の安定性が高い。また、活性阻害要因が無く、抗菌活性効果が高く、耐久性・耐用性も高いなどの特長がある。

そのため、抗菌・脱臭装置(フィルターなど)や、医療機器などで利用するのに向いている。

同社では、優れた板厚精度・蓄積されたノウハウを駆使した形状平坦性、熱処理、表面処理までの一貫管理体制で、チタンをはじめとして各種極薄金属箔を提供している。

今回の展示会では、光触媒抗菌性チタン箔を主体に、カラーチタンおよび各種金属箔を展示する。


東洋精箔・株式会社

ブース番号:

カテゴリー: