特集記事

バイオフォトニクス・医療デバイス用LED市場、年平均26%の成長見込み

バイオフォトニクスや医療科学デバイスに使用されるLED市場が今後、年平均26パーセントで拡大を続け、6年後の2019年には3億2470万米ドルと2012年比で約5倍となる見込みと、ElectroniCas社の調査報告書が発表した。

2012年のバイオフォトニクスデバイスおよび医療デバイス用のLEDに対する世界の支出総額は6450万米ドル。量的な拡大は著しいものの、平均価格の低下により、総額としての伸びは若干打ち消されることになる見込みだが、今後も大幅な伸びが期待される。

LED市場は用途別に次のような分野に分けることができる。

•検知/検出および分析/監視
•光治療/衛生/細胞再生/硬化
•各種器具用光源および撮像

同レポート「LEDs Used in Biophotonic and Medical Devices: Global Market Forecast and Analysis 2012-2019 (バイオフォトニック・医療機器用LED:世界市場の予測・分析)」によると、2013年におけるバイオフォトニクスデバイスおよび医療科学デバイス用のパッケージ化LEDの世界の支出額のうち、検知/検出および分析/監視用途向けが60%以上を占めており、光治療/衛生/細胞再生/硬化用のLEDがそれに次ぐ。

ちなみにエンドユーザー向けの各種器具用光源および撮像用途のLEDは27パーセントという平均年率での成長が予測されている。

LEDに関する市場データについては、次のように色別に分類することもできる。

•赤
•緑
•青
•白
•多色/多チップ構成
•UVその他

2012年の医療用およびバイオフォトニクス用デバイス向けLEDの世界市場では、赤色LED (可視光の赤、赤外、および近赤外を含む)が50パーセントの占有率を有していた。

しかし2012年から2019年の間には他の色のLEDの方が金額的により急速な成長を示し、2019年には赤色LEDの市場シェアは大幅に低下することになると予測されている。
なお、2013年の世界市場を見ると、アメリカ地域が40パーセントを大きく超える市場占有率を有しているが、今後は欧州・中東・アフリカ地域ならびにアジア太平洋地域がより急速な拡大を遂げると予測されている。

本調査レポートは株式会社グローバル インフォメーションが販売している。

 

カテゴリー: