MEDTEC Online

MEDTEC Japanいよいよ来週開催!

MEDTEC Japanいよいよ来週開催!

MEDTEC Japan 2011」(主催UBM Canon)が、いよいよ来週29日(水)30日(木)に横浜・みなとみらいの「パシフィコ横浜」で開催される。

従来の医療機器製造業向けの展示会に加え、医療用エレクトロニクス分野に関する展示会DesignMED Japanとドラッグデリバリー技術と医薬品包装技術に関する展示会Pharmatec Japanも同時開催される。

同展では製造の新技術をはじめ、新素材、特殊原材料、基幹部品、汎用部品、OEMサービスなどが紹介されるため、医療機器製造企業の技術者や専門家にとって新製品開発や製造技術の向上に向けた情報が得られる大きなチャンスだ。

またフロアでは、国際会議も開催され、国内外の医療機器規制度の動向、臨床研究や治験のあり方、レギュラトリーサイエンス、薬事承認申請のポイントやリスクマネジメントなどのテーマで各分野の専門家が講演を行う。(国際会議プログラム・時間割

そして、もう1つの見所が、出入り自由で受講無料の医療機器最新技術フォーラムやセミナーだ。医療機器部品の加工例の紹介や、医療機器に関する規制・国際規格のの詳しい解説などMEDTECでしか聞くことのできないプレゼンテーションが多数開催される。(最新技術フォーラムのプログラム・時間割

現在、日本政府は「新成長戦略」を打ち出し、医療機器を今後の成長牽引産業のひとつと捉え、さまざまな取り組みをスタートさせている。東日本大震災の影響を受け、予算配分の見直しが予想されるものの、こういう時期だからこそ日本発の医療機器を開発し、世界市場を開拓していく必要性が高くなっている。そのためには、規制・法令遵守の問題、最新の製品情報をきちんと把握しておく必要があり、世界中から250社を超えるサプライヤーが集まり、医療機器メーカー向けに最新技術・製品を紹介するMEDTEC Japanは、医療機器関連の情報発信、情報交換、知識交流として貴重である。

MEDTEC Japanは、米国MD&M展(Medical Design & Manufacturing展)と同じシリーズの世界中で大好評を得ている医療機器の設計と製造技術に特化した展示会・国際会議。アメリカ4ヶ所のほか、ドイツ・イギリス・アイルランド・フランス・中国で開催されている。

日本ではUBM Canon主催、日本医療機器産業連合会(医機連)の後援のもと開催されている。

医療機器業界向け年に一度の一大イベントへの入場は、こちらのホームページから事前登録すれば無料。当日参加は2000円。

カテゴリー: