MEDTEC Online

朝日インテック、MD&M West展示会で医療部材のプロモーションを予定

朝日インテック、MD&M West展示会で医療部材のプロモーションを予定

朝日インテック株式会社の米国現地法人Asahi Intecc USA, Inc. は、来月2月8日(火)から10日(木)に米国アナハイムで開催される医療部材の展示会「MD&M West 2011」で、医療部材を中心としたプロモーションを実施する。

 神経血管モデル

画像1: 神経血管モデル

2171番のブースでは、1対1の高トルクレスポンス、高トラッカビリティー、かつ柔軟性を誇る神経血管モデル(画像1)と高速裁断装置とその回転安定性を示す末梢系モデル(画像2)を展示し、高度な医療機器ニーズに応えてきた朝日インテック独自の技術を紹介する。 朝日インテックは名古屋を本社とする研究開発型企業。トルク技術、伸線技術、ワイヤーフォーミング技術やコーティング技術などのトータルな高機能マイクロ技術をコアテクノロジーとして、数々の独自技術を開発してきており、これらの技術を複合的に組み合わせた高性能製品への世界的な評価も高い。

 末梢系モデル

画像2: 末梢系モデル

医療用部品製造部門では、ACTONE ケーブルチューブ、細径多条多層のトルクコイル、ワイヤロープ、コイル外径0.1mmから3〜4mmまで各製品に応じたサイズのコイル向けの部品などを製造している。PTCA(経皮的冠動脈形成術)ガイドワイヤなどのオリジナルブランド製品の他に、OEM製品の開発・製造も行なっており、冠状動脈・脳神経血管・末梢系の用途向けのガイドワイヤの製造で実績がある。 医療用デバイスに用いる素材には精度の高い仕様・品質が要求されるが、朝日インテックでは、自社独自のコアテクノロジーをベースに、素材から最終製品までの自社一貫生産体制を構築している。OEM部門では、さまざまなカスタムメードの治療用ガイドワイヤから、診断用のスプリングガイドワイヤの大量生産まで対応しており、レーザー溶接、はんだ付け、EDMカット、組み立て、押出、コーティング、センタレス研磨に至るまで広範囲のOEMサービスも提供している。 朝日インテック株式会社 愛知県名古屋市 www.asahi-intecc.co.jp

カテゴリー: