医療機器の滅菌バリデーション講習会:医機連主催

医療機器の滅菌バリデーションについての講習会が12月2日(木)に日本医療機器連合会主催で開催される。 滅菌バリデーション基準は平成9年、滅菌バリデーション・ガイドラインが平成10年に発行されたが、これらは策定当時の国際基準であるISOに準拠して制定されたものであり、その後ISO基準は改訂されたため、現在の基準は国際的に調和していない。また我が国においても、ISOと同等なJISが本年3月に公布された。これを受け、日本医療機器産業連合会QMS委員会は厚生労働省、医薬品医療機器総合機構と協議し、滅菌バリデーション基準及び滅菌バリデーション・ガイドラインの見直しを行い、国際基準に整合されたものとする作業を現在進めており、本講習会開催時点においては、新しい基準などの発出も期待される。 講習会の詳細およびお申し込みは日本医療機器産業連合会のウェッブページをご覧下さい。

カテゴリー: